step by step


同室開始!

d0138212_0471073.jpg

出産から三日目の13日。遂に親子同室になりました。あまりにも簡単な授乳、おむつ替え指導だけだったので、不安いっぱい。しかも、私には、腰痛、切り傷のハンデがあり、まさに最悪スタート。布おむつで対応の病院です。いろんな不安をかかえつつ、挑戦中。体がこんな感じなので、一度ベッドに横になると、再び起き上がるのが至難の業。そんなこともあり、椅子に座布団を背中にセットして、少しでも、楽な体勢を作り、深夜からの授乳に挑戦。初めての授乳は、まともに横になれないね(笑)初日の今夜は、なんと父が泊まってくれています。母が、まだ完全に復活していないため、娘の育児に協力してくれてます。ひとりでいるより、とても安心できます。明日の朝まで、父が見守っているなか、乗り切るわ。これから、深夜、一時の授乳タイムを迎えようとしています。。
[PR]
# by yagi35 | 2009-07-14 00:47 | 日々の出来事


術後、初めての再会

d0138212_19185842.jpg

今朝、7時前。初めて子供がいる新生児室まで、頑張って歩きました。夫と二人、窓越しから、我が子をみることが出来ました。ちょうど授乳時間が終わる頃だったらしく、我が子も、飲み終えて、助産師さんがゲップをさせているところでした。出産した瞬間にわずか数秒の対面でしたから、改めて我が子とゆっくり対面したようなものでした。涙が溢れて止まらなかった。夫に背中をさすってもらいながら、しばし感動の再会でした。名前がまだ決まっていないので、呼んであげられないのが淋しいけれど、二人で、そっと窓越しから囁きました。 ‘お父さんですよ~、おかあさんですよ~’
[PR]
# by yagi35 | 2009-07-12 19:18 | 日々の出来事


峠を超えた心境

出産から、二日目を迎えた今朝は、昨日までの壮絶な状況とは一変したことを身体全身で感じています。4時半前に目覚めましたが、昨晩は、20時すぎに寝る態勢で目を閉じてから、一度も起きることがありませんでした。前日とは、比較にならない激変ぶりに、自分自身、暫く実感するまでに時間がかかる程でした。全身から、すべての辛さが取りのぞかれたような、ベッドに身体全身が張りついて、完全に熟睡しました。更には、出産したことさえ忘れてしまうくらいに、すべてがリセットしているような気持ちになっていたのです。同じ部屋には、わずかな空間に、折り畳みの小さなベッドに窮屈そうに眠っている夫がいます。疲れきっています。しかし、その様子を見ても、いまいち、ピンと来ないくらいに、今朝の目覚めは、私の全身に新しい何かが注ぎ込まれていて、昨晩までの過酷で、辛い体験が過去のものへ移行していました。それは、もちろん素晴らしいことであり、私にとって相当な自信回復に繋がるものでした。とっても、とっても嬉しくて感動する朝の目覚めとなりまし
た。包丁でお腹を切り開かれた感覚、力をいれようも、いれたら最後、包丁が刺さったままの状態で、切り裂かれていくような状態が継続しているようで、とても動けるような状態ではない。また、じっとしていても、とにかく激痛で、ベッドでも地獄。常に引きさかれているような。1日二度までの鎮痛剤でも、効き目なく。さらには、手の浮腫みが悪化。点滴も漏れていたようなんですが、特に右手がグローブのようになってしまい、見るのも酷い。そんな中、出産翌日の昨日は、私の症状に関係なく、立ち上がり、動くことをしきりに指導、自力での尿排泄。ベッドから、起きることがまず至難の業。激痛が全身に、特にお腹を曲げるわけで、そのたびに横に包丁がはさまっているような状態。体が震え、声をだすこともできず、長い髪は、おばけのように垂れたまま。視線が定まらない。筋力も発揮できず、すべての回路がストップしてしまいました。泣きたいよりも、辛い心境でした。母になった自覚など全く持てない状況でした。自力で生きていけるだろうかというレベルにまで来
てしまった。一番心配していたケロイドのことは、もう余裕ありません。当然、傷口など見るのも恐ろしい。尿の排泄も、壮絶なものでした。尿管を取りのぞき、自力で行うには、まずトイレまで移動しなければならないし、尿管を入れていたので、激痛があります。術後の自力排泄には、時間と痛みが伴います。必死に移動し、すでに激痛が体を消耗している段階になっているところから、排泄行為と格闘。まだ点滴だけの水分だったし、少しでも力むと傷口と尿管がキリキリ。何度も助産師走に確認されながら、二時間後に奇跡の排泄。本当に感動でした。その後も、初めてだらけは、続きました。排泄後のケアも一苦労。衛生面に気を付けるため、ナプキンやら、洗浄綿などの使い方に衰弱しきった体は、なかなか反応できず、しばしトイレで呆然。夜は、また傷口が更に痛み、自分に限界でした。二日間、泊まり込んでくれていた夫も、心配し続けて疲労もピーク。それでも夫婦で、言葉を掛け合い、子供の写真を見て、元気をもらい続けました。現実として、出産して二人とも晴れて親に
なったわけですが、まずは、私の体調回復のことだけで、二人は必死にでした。そして、疲れ果てていました。実は、血糖値の再検査の結果を聞く日は、金曜日ではなかったのです!私が勘違いをしていたようで、来週の水曜15日だったことに気付き、一緒に来てくれた父に勘違いを詫びたのでした。でも、結果が出ているかもしれないし、奇遇というか、その朝、感じたことのない感覚をお腹に感じたこともあった為、急きょ、その理由で診察受付をすることにしたのでした。予約が優先なので、ひたすら待ち続けました。しかし、二時間を経過した頃、私のお腹を張りを感じ、座っていることに辛さを感じたので、助産師さんにお願いして、安静にさせてもらえるように場所を作ってもらいました。そこまでは、結構、淡々とした対応をされていた私ですが、私の番が来て、血糖値の結果を聞いた後に、少し体調がすぐれないことを伝えた瞬間から、事態が急変したのでした。念のために確認しましょうと医師がエコー検査、助産師が心電図。エコー検査で、医師の表情が変わったのです
。二度確認した後に、危険があると。突然のことで、把握できませんでした。後に、改めて医師から説明されたときに、自分が『常位胎盤早期剥離』であったことが分かりました。といっても、どんな事が起きているのか分かりませんでした。ただ、ただ、一刻を争う可能性があると医師が連呼するため、状況は、すぐさま緊急入院となりました。それからは、もうドラマのようでした。遠方に出張していた夫に急きょ、連絡をして、動揺してしまった夫。家族で慌しくなりました。まだ、夕方迄の時点では、即、手術とは決定されていませんでしたが、準備だけは、着々と進んでいきました。検査に回され、自分でも、徐々におかれている状況を認識するようになり、夕方に正式に手術が決定されると、夫に再度連絡を入れて、夫も急きょ、駆け付けることになりました。手術は、スムーズに進んでいきました。ただ、下半身のみの麻酔だったので、非常に不思議であり、違和感が募っていきました。手術台の照明にぼんやり映る手術状況。自然分娩とは違い、陣痛や、苦しむ経過がないため、出
産の意気込みが不完全燃焼であったことは否めなかったですね。でも、帝王切開は、出産後が苦しむ確率が高いようです。私もそのひとりに(´Д`)そして、取り出して頂いた瞬間、元気な声を上げた我が子。暫くしてから、助産師さんが、子供を見せてくれました。涙が溢れて、その瞬間、これまでの長い長い道程が走馬灯の如く駆け巡りました。そんな時、そっとスタッフの方が涙を拭いてくださって。残念ながら、夫は、移動中でした。でも、喜びには変わりありません。22時前に到着。ベッドでの再会となりました。まさか、里帰り後の最初の再会が出産後になるとは・・・。術後は、私の家族に見守られながら、病室へ。そうして、私の母になる為の日々が始まったのです。二日目の朝が、こうして迎えられたことに感謝で一杯です。今日から、やっと母になるための気持ちになりました。
[PR]
# by yagi35 | 2009-07-12 19:02 | 日々の出来事


奇跡の子 誕生。

d0138212_2329352.jpg

本日、18時6分。2840グラム 48、4センチ女の子。緊急帝王切開手術により、この世に誕生しました。今は、子宮収縮の激痛との戦いに苦しんでいる最中。気を紛らわす為に頑張ってメールを打ってます。夫も先ほど 駆け付けてくれました。子供より、私の身体を心配してくれて(´Д`)優しい夫です。子供は、週数的には、早産になるけど、身体的には、問題ないようです。子供は、ひとまず、病院におまかせします。まだ、実感ありませんが、私達は、本日、流れるままに親になりました。まだまだ痛みとの戦い。頑張ります。
[PR]
# by yagi35 | 2009-07-10 23:29 | 日々の出来事


梅雨。

d0138212_18142574.jpg

今朝は、久しぶりに大粒の雨。これくらい勢いがあると気持ちいい(´∀`)でも、それは一瞬でした。それからは、ちびちびと降り続いています。おかげで、室内は、湿気がいっぱい。一部の部屋にしかクーラーがないので、ずっとその部屋にいるわけにもいかず、自分が生活している部屋には無いから、もう、すっかりへたばっています(*_*)昨晩も、しんどかったけど、今夜もどうなるやら~ふぅ。さらに、今日の午後に、久しぶりに両親がちょっとしたことで言い合いをしてから、家の空気がどんより。息詰まる(__;) 夕飯まで、なんとか仲介をして過ごしてきたけど、食べている間も沈黙・・・。もう、限界でした。さっさと、食べて、洗いモノをしたら、もう部屋にこもってますよ。なんか、わからないけど、急にストレスが発生したような気持ちになって。妊婦には、よくないわ(>_<)頼むよ、まったく。そんな日でした。心なしか、胎動があまりないよ。敏感に反応しているにちがいない。明日は、リセットしたいわ。
[PR]
# by yagi35 | 2009-07-09 18:14 | 日々の出来事


36周0日。

d0138212_21302830.jpg

いよいよ臨月になりました。そんな今日は、いまいち元気がなく、食べて横になって浮腫んで、汗ばんで〓非常に悪循環な一日。おまけに、下剤を処方してもらったのに、思うようにいきません(>_<)ブルーな気分でした(T_T) シャワーを浴びる気力もなく。ひとつ行動を起こす度に、大変なパワー。お腹の子は、元気に動いてくれてます(*^_^*)明日は、元気に過ごせますように☆
[PR]
# by yagi35 | 2009-07-08 21:30 | 日々の出来事


フライング?紙オムツ

d0138212_21342294.jpg

仕事帰りに、妹が立ちよってくれました。手には、なんと“紙オムツ”えっ?(☆。☆)我が家族のメンバーで、オムツ購入者第一号!。まだ、産まれていないし、出産先の病院で、オムツの話も、聞いていないから、まだ先のことと思っていた私。妹、曰く“とりあえず試してみて~”と、買ってきてくれたのでした。彼女も、看護師なので多少なりとも情報は入るようで、人気、そして実際に使われている率が高いのは、『パンパース』らしいですね。我が家は、どうなるかな?一応、布オムツにも挑戦したいと思っているんだけと。。今は、紙を奨めている方が多いみたいね。まぁ、私が実際に購入するのは、出産後かな。このオムツは、記念すべき第一号なので、万が一、子供にあわなくても大切にとっておきます。ありがとさん、妹(´∀`)
[PR]
# by yagi35 | 2009-07-07 21:34 | 日々の出来事


再検査。

d0138212_2042297.jpg

今日は、血糖値の再検査。三週間前に受けた検査で、基準値を僅かに超えていたので、今日、もう一度検査。出産をまじかに控えているため、急いで受けました。前回は、まだ盛岡にいましたが、現在は、実家にいるので、必要に応じて直ぐに病院いけるのは安心。でも、再検査は、うれしいものじゃないわね(ノд<。)金曜日に、結果を聞きますが、どうなるかな~。父も、連日、私、母と病院へ連れていくから、ホントにご苦労様です。ムシムシとした天気が続いています。父が頂いてきた、「すもも」甘くてさっぱり。盛岡の自宅では、三度目のミニバラが咲きました。夫が撮影してくれました◎ 今日は、極甘の飲み物を飲んで、三回注射(>_<)明日は、ゆっくりするわ~。
[PR]
# by yagi35 | 2009-07-07 20:04 | 日々の出来事


10ヶ月検診 1回目

今日は、35週5日ですが、あと数日で10ヶ月、臨月期間に入ります。36週より、その期間に突入。前回の検査から、三週間経過しての検診。この間、里帰りを果たし、益々、体調の激変に対応もままならない私。今日は、色んな不安を抱えての診察でした。浮腫み、体重増加など。もしかして、即入院かもと前日、考えてしまい、思わず入院の準備。結果は、血圧、尿検査は、パスでしたが、浮腫みは、あるので、更に塩分を控えること。心音は、元気に聞こえました。ただし、この三週間で、体重が約1.7キロ増加。これには、助産師より指導あり。たとえ、赤ちゃんの大きさが増えても、母親の体重は増えることは望ましいことじゃないようで(ノд<。)全く動かない、動けない生活に加え、便秘でしたしね。それでいて、食べてましたし。自覚しているだけに。。医師による検診では、超音波による赤ちゃんの様子は、今日の時点では、特に異常なし。ただし、2800グラムでは、平均値より上だと。うわぁ。今回、最大の出来事といえば
、前回、受けた「血糖値」検査結果です。基準値を僅かに超えていたらしく、再検査の指示でした(>_<)出産が近いので、至急になり、明日受けて、金曜に結果を聞きます。その結果によって、それからの生活も変わるでしょうね。ショックでしたけど、受けとめるしかありません。先程、夫と話して落ちつきました。あとは、浮腫み軽減の為に、さらに塩分控えめ、食べものも、さらに注意することに。気温上昇で、体も汗ばみ、だらんとして、動きもにぶくなり、まさにラストスパート時期にして、最悪な状態。基本の妊婦検診は、かなり先の22日。臨月は、毎週かと思っていたので、この間、不安です。でも、まずは、血糖値です。ふぅ~。ひとまず、明日に備えます。おやすみなさい(´Д`)
[PR]
# by yagi35 | 2009-07-06 22:01 | 日々の出来事


母、退院。

d0138212_2112390.jpg

午後、母が退院しました。それに合わせて妹も駆け付けて、つかの間、家族が集合しました。まだ、抜糸もしていないし、完治していないから、まだ病人そのもの。でも、自宅に戻れたことは、母にとって何より嬉しいこと。看護師である妹が、昼食後に、洗えなかった髪を洗髪してあげて、気持ちよさそうでした。しかし、これからが大事。来週からは、毎日通院。総合病院なので、時間もかかるしね。同行する父にも負担が。時折、私のいない場で、疲れたため息をしていた。今日から、母と私の体調に気を使いながらの暮らし。私も、予定日まで、あと1ヶ月。これからの期間、大事な時期だから、自分のことで、精一杯。神様、どうか私の家族乗り切れますように・・・。
[PR]
# by yagi35 | 2009-07-04 21:01 | 日々の出来事

    

夫の転勤先「盛岡」で家族時間を大切に過ごしてます。since2005
by yagi35
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧