step by step


<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧



「戌の日」を迎えて。

d0138212_2315327.jpg
妊娠して、ひとつの区切りの行事「戌の日」

十二支の11番目にあたり、12日に1度めぐってくる日。

イヌは多産でお産が軽いことにちなんで、

妊娠5カ月目の戌の日に、安産を願って、

さらしの腹帯を巻いて祝う習わしがあるということを

雑誌をはじめ、母からも聞いていました。

昔人の母は、かなり前に、”さらし”を贈ってきました。

しかし、現在は、さらしを巻くというよりは、

既製品の腹帯をしめる方が主流みたいです。

実際に、さらしを巻いているのは、大変です。

悲しいかな、私が通っている総合病院では、

細かな指導や、習慣などの話は、語ってくれないので、

前回、自分から聞いてみると、今は、そういうものに特にこだわっていませんよと。

必ず、何が何でも、その時期に腹帯をしなくてはいけないとか、

戌の日にしないといけないとか、今は、ありませんって。 

少なくても、この病院では、アナウンスすることはないって。

へえ~。って感じで、初出産の私には、悲しく感じる返答でした。

しまいには、どうしてもこだわるなら、

自分の戌の日を調べて、その日に巻いてくださいと。

やさしさを感じないでしょ。。。どう??

まあ、あれから、2週間。 いよいよ自分の戌の日が、やってきたわけですよ。

私は、初めてのことだし、こだわるわよ~ということで、調べてみると、

戌の日は、5ヶ月目の期間中でのことで、私の場合は、2月22日、3月6日でした。

2月22日は、日曜日なので、

夫と安産祈願の予定でしたが、夫の病気で叶わなかった(泣)

でも、せっかくの戌の日だしなあ、祈願にいけなかったから、せめて腹帯でもと。

ちょっとお腹にセットしてみました。 うーん。どうだろう(笑)

まだ、いきなりお腹がでているわけでもないし、締め付けるものは、かえって痛く感じる。

無理はしないで、臨機応変に使ってみようと。 せっかく、準備しておいたものだしね。

残りは、3月6日(金)平日なんだけど、大安なんです。

できれば、この日、安産祈願に行きたいなあって。でも、夫は仕事だしなあ。

うーむ。 自宅から願うに留まるか。 

お腹をさすりながら、五体満足に生まれてきておくれって。

元気な子であれ~。 ついつい欲張りな願いかもしれないけど、辛い治療の末なので、

最後まで、心配なことは沢山です。 

自然妊娠の方でも、心配なことは尽きないでしょうし、私の場合は、更に不安があります。

先日、

同じく治療を経て妊娠、出産した入院先で知り合った妊婦さんの言葉が印象的でした。

五体満足で、障害もなく、無事に生まれてきてくれるかなって。

出産直後、まっさに赤ちゃんの身体を隅から隅まで確認したそうです。

そして、目、鼻、口、耳、手足など、他の赤ちゃんと変わりなく産まれてきてくれて、

それだけで感激だったと。 わかるような気がします。

この戌の日を迎えるにあたって、

先日、友人からありがたい安産祈願のお守り一式を頂きました。

友人の思い、心から嬉しくそして、感謝の気持ちでいっぱいです。

遠いところまで行ってきてくれてありがとう。

これまでにも友人からお守りを頂いてきましたが、本当に嬉しいです。

みんなの思いで、私達夫婦は、今、幸せをつかもうとしています。

ありがとうね。 大切にしていきますからね。
d0138212_23192716.jpg

[PR]
by yagi35 | 2009-02-23 23:20 | 妊娠中の記録


大荒れに荒れた週末。

d0138212_22341858.jpg
先週一週間は、毎日雪が降っていました。

そして、追い討ちが、金曜の夜から週末の2日間。ピークでした。

d0138212_22354892.jpgd0138212_2236476.jpg


















毎日、窓から見えるのは、雪・雪・雪・・・。

先々週の金曜に、私が扁桃腺を腫らしてから、一週間以上経ちました。

おかげさまで、静かにしていたこともあり、ほぼ完治。あとは、鼻づまりとの戦いくらい。

ところが、先週の金曜は、今度は、夫が風邪らしい症状になって帰宅。

もう、それからは、妊婦の身分で楽々な暮らしを過ごせるような状況でなくなってしまい、

疲労も重なって、辛そうな夫をただただそばで見守るしかできない私。

週末、買出しに行く予定もできなくなり、近所のスーパーへ、大雪の中、歩いて買出し。

まあ、このときばかりは、お腹の子供に助けてもらいました。

せっせと看病をしました。

病院にいく気力もない夫。 私も今、運転をしていないし、この身体では無理だし。

月曜日に照準を合わせ、徹底して安静になってもらいました。

今日、月曜日は、天気もひと段落。 朝から、マンションの周辺では、除雪作業。

一日がかりでした。 ショベルカーが2台出動して、駐車場の雪をトラックで運んでました。

夫は、午前中、珍しく有給をとり、最後の体調調整をして、出かけていきました。

本人が、以前から気になっている症状が、まだ解決されていないこともあって、

今年に入って、真剣にそのことを考え、向き合うようになっています。

私のため、生まれてくる子供のためにも、自分が健康でなくてはという思いでしょう。

私も夫の症状は、気になっているので、必ずや、近いうちにまた新たな病院を探して、

診て貰いたいとおもっています。 ひとまず、風邪の症状は、8割方回復のようです。

まだまだ寒い日が続いているので、今後、夫婦で体調を崩すようなことのないように

更に気をつけていきたいと思います。

皆さんもくれぐれも体調に気をつけてお過ごしくださいね。油断は、禁物です!!
[PR]
by yagi35 | 2009-02-23 22:50 | 日々の出来事


決してあってはならない。

「不妊治療で受精卵取り違えか

         20代女性に移植、人工中絶-県立中央病院・香川」


2月19日17時59分配信 時事通信より


香川県は19日、県立中央病院(高松市)で昨年9月、

不妊治療のため体外受精をした20代の女性に、

誤って別の患者の受精卵を移植した可能性があるとして、

約2カ月後に人工妊娠中絶をする医療ミスがあったと発表した。

病院側は女性に受精卵を取り違えた可能性があることを説明し、謝罪したという。

県によると、女性と20代の夫は県を相手に

約2000万円の損害賠償を求める訴えを高松地裁に起こした。

受精卵の取り違えは、

2000年に石川県のクリニックで発覚した例があるが、患者は妊娠に至らなかった。

香川県によると、昨年9月中旬ごろ、

女性の受精卵が入った複数のシャーレを培養器から取り出し、

作業台の上で発育確認と培養液の交換をした際、担当の男性医師(61)が

直前に作業していた別の患者のシャーレを培養器に戻し、

数日後に女性の子宮に戻した疑いが強いという。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こういうことが、起きてしまうと今後に重大な影響が発生してしまうだろう。

ネットで知ったニュース。 無視できない話題だった。 

また一歩、それ以上の後退になるかもしれない。

この治療についての理解、国からの支援は、更に難しくなってしまかもしれない。

二度と、このようなことを起こしてはならない。 

心から、願ってやみません。

全国、世界中に、この治療法で大切な命を授けてもらっている人がいる。

決して、なくなってほしくないから、積極的に取り組んで欲しいから、

国や医師団の協力をはじめ、

もっとベースとなるものを築いてオープンなものにしてほしい。

このままでは、いつまでも日本では、オープンな状態で治療ができない。

少子化対策のひとつに加えて欲しいと思っている私にとって、

今回のニュースは、ショッキングでした。

私達夫婦も、真剣に考えた末での決断でした。

悪いことをしているわけではないけれど、

意図的に作ろうとしているとも受け止められる方法。

しかし、そういうことを考えたら、もう絶望的でした。

治療で授かったケースには、多児になるケースが多いことも知っていました。

でも、私達は、妊娠できる確率の為の手段は、望みませんでした。

あくまでも大切な命は、ひとつずつ。 そう、これだけは、夫婦で決めていました。

例え、時間がかかっても、途中で断念することになっても、この決まりだけは、守る。

先日、アメリカでのケースも話題になりましたが、私には理解できなかった。今でも。

私個人の意見ですが、生活保護を受けている状態で、すでに数人の子供がいる中で、

どうして更に望むのか、わからない。 

更に、今回の8つ子ちゃんに対して募金まで展開している。

世界には、私の理解を超える方もいるなあと思っていました。

現実には、すでに誕生している新しい命。

子供たちには、何の罪もない。 元気に育って欲しい。

このニュースも、別な意味でショッキングでした。
[PR]
by yagi35 | 2009-02-19 23:32 | 不妊治療


初めての米粉パン

d0138212_1935597.jpg
バターがほんの少しだけ、入っているパン。

焼きたてを食べてみたけど、粉の風味がメインだったけど、

なんといっても、もちもちっとした感触。 これは、パンじゃないって感じ(笑)

ちびコッペパン。 早速、明日の朝食へ。

夫の反応が楽しみです♪

少し食べたときの切り口。かなりの水分があったのか、周りは、白く写ってるね(笑)
d0138212_1943178.jpg

[PR]
by yagi35 | 2009-02-19 19:05 | パン作り3年生


無事に5ヶ月に入りました(16週0日)

2月18日で、無事に折り返しをすることができました。

天気は、相変わらず雪の混じった強風が吹き荒れる寒いものですが、

自宅で温かく過ごさせてもらっています。

先日の本によると、この時期(14週~17週)にかけても赤ちゃんは急成長中。

体重も6倍にも増えるそうです。それでも、170グラム程度。 まだ小さいな。

仕事をしていたらとか、もっと活発に行動できたらとか、

特に、体調を崩して横になっていると、

部屋の天井を見ながら、考えることも多々あるけど、

こうして授かった大切な奇跡とも言える命。 

私の人生には、こういう時間が必要なんだろうって。

日々の暮らしの中で、気兼ねなく話ができる仲間が近くにいないから、

つい一人で悶々と考えてしまいがちだけれど、こうしてブログなどで冷静さを取り戻す。

最近は、音楽を聴くこともあって、

そんな時は、もっぱらアロマトリートメント用の音楽や

こちらのサントラCD。 「めがね食堂」 「めがね」
d0138212_19161657.jpg
まあ、私の中で、めがね食堂は、なくてはならないものになってしまったからね(笑)

「めがね食堂」を聞いていると、元気になれる♪ キッチンに行きたくなる。

「めがね」は、映画のテーマにもなっているけど、”たそがれ”たくなる曲がある。

ひとりで、編み物しながら聞いてたりして。

落ち着く・・・。落ち着きすぎて黄昏モード。

そして、ちょっぴりセンチメンタル。 映画を見た方は、きっとわかってくれるはず。

いまさらだけれど、この2枚のサントラCDは、数年前に購入して以来、宝モノ。

お腹の子にも、聞こえているだろか、、。

すぐセンチなってしまう泣き虫な母であることも伝わってしまっているかな(笑)

北国は、まだまだ寒い冬真っ只中。 もう少しの辛抱ですね。

特別なことはしないけれど、夫婦で、今日まで無事にこれたことに感謝したい。

お腹の子に向かって、お父さんだよって声をかけている夫を見ると、

今までの辛かった時間、思いが、もうすでに報われたわって思ってしまう。

こういう瞬間、想像できなかったから。 素直に、幸せな気持ちになれます。。。

あと1ヶ月くらいで、自分自身の体調も落ち着いてくれるといいな。
[PR]
by yagi35 | 2009-02-18 19:19 | 妊娠中の記録


手作りパン 3年目突入。

d0138212_15531333.jpg
昨年は、パン作り2年生として、秋前くらいまでちょくちょく作っていたけど、

秋の治療以降からは、気持ちに余裕がなくなってしまって、あっと言う間に年越。

今年は、3年目になる。 上達しているわけじゃないけど、感覚は、まだ残っている。

もう、暫く作ることはないだろうと思っていたけど、毎日、冷蔵庫にある小麦粉を見るたびに

パン作りたいな~って。

我が家は、やはり朝食は、パンにしてしまうので、作り甲斐はあるんだよな。

でも、無理はできないけどね。 

昨晩、なぜか急に作りたくなって、ちょっとぼーっとしている感じだったけど、

無心にこね始めてました(笑)

仕上がりは、いまいちでしたけど、でも、なんとか形になったBagel。

今まで買ってきたパンを食べていたので、バターや卵、牛乳の入っていないものは、

ちょっと味気ないものに感じてしまったけど、これは、これで良し。

また、気が向いたら、作ってみます。

やっぱり楽しいです。 うまく発酵できたり、焼けると次も作りたくなる♪

今回は、失敗に入るけど、またそれも次回に楽しみを残して(^<^)
[PR]
by yagi35 | 2009-02-18 15:54 | パン作り3年生


久しぶりに歯科院へ。

d0138212_15373653.jpg
昨日、急遽『歯科』へ行ってきました。

先週末、扁桃腺の腫れと同時に、歯痛にも苦しめられてしまい、困ってました。

月曜日になって、扁桃腺のほうは、少しずつ引けてきて、今は、鼻風邪状態。

あと、一歩ですかね。

でも、歯だけは、だめだった(泣)

妊娠5ヶ月以降になったら、

妊婦さんの歯科検診が受けられる期間に入るのは知っていたけど、

待てない!!

取り急ぎ、妊婦であることを告げた上で、できる範囲内での治療をお願いしたいと。

それでも、妊婦検診対象の歯科に行ったほうが良いに違いないからと、

市内で、自宅からできるだけ近い歯科を探しまくった。

幸い、10数分の場所に発見!

天気は、あいかわらず雪交じりの風が吹いた寒い日でしたが、痛みには叶わない。

あと2日で5ヶ月になるんですと告げた上で、歯科検診は、Ok。

一通りチェックしてもらい、そして、痛かった部分も可能な範囲の処置をしてもらった。

しかし、まだ安定期でないことと、第一子ということで、もう少し時期を見て、

本格的な治療をしたほうがいいかもと医師にいわれ、私も了解。

一回では、治らないということで、週一くらいで、お散歩がたらに、治療に。

この際、歯石なども状況に応じて取ってもらって、口の中も綺麗にしたい。

それにしても、歯科検診なんて、もう20年ぶりくらい。

一番最初の就職先では、歯科検診まで健康診断に含まれていたけど、

その後は、希望だったかな。

一番最近行ったのは、それでも4~5年前。 仙台で仕事していたとき以来。

いやあ、久しぶりだ。 あの、独特のマシーンの音が、やっぱり好きにはなれない。

私は、今回、削ったりなどは、しないけど、他の患者さんの治療の音が、、。

これからは、きっと子供の歯科検診もあるだろうし、自分の歯も定期的検診。

老化していくのは、歯も同じ。 入れ歯なんて、想像できない~。
[PR]
by yagi35 | 2009-02-18 15:41 | 妊娠中の記録


手編み帽子まだ練習中・・・。

あれから、ずっと練習中。。。

3作品UPしてみました。

細編みと長編みしかできない私。

いわいる模様編みは、いまひとつきれいに編めないの_(_^_)_

どんなときでも、毛糸をそばにおいて過ごしている日々。

毛糸の質や色に助けられて、なんとか形になっているかなという感じ。

とても、万人ウケするようなものじゃないけど(笑)
d0138212_1685221.jpg
d0138212_1693612.jpg

[PR]
by yagi35 | 2009-02-17 16:10 | 手作り


日々、赤ちゃんの成長がわかる本。

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!

A.Christine Harris / 永岡書店



中古でゲットしたこちらの本。

出産予定となっている40週まで、1日、1日の赤ちゃんの成長内容と

妊婦さんにとって、ありがたいアドバイスが書かれています。
d0138212_14342154.jpg
例えば、私は15週目5日目。

該当するページがあるんだよね!

『15週と5日』

96日目 出産予定日まであと170日

(赤ちゃんの様子)

うなだれているような姿勢だった赤ちゃんの頭がまっすぐになる。

耳もあるべき位置に近づいている。 足の指の爪も伸びてきている。

(妊婦へのアドバイス)

子宮の向きが変わり、膀胱への圧力が減るため、

頻繁にトイレに行く必要がなくなりそうです。この時期を楽しみましょう。

妊娠後期に入ると、トイレに行く回数が再び増えてきます。

外出中にきれいとはいえないトイレを使う可能性があることを考えて、

つねにティッシュや便座シートを携帯しておくといいでしょう。

便秘にも気をつけましょう。


(食事&栄養)

ビタミンB12は、神経線維を守り、神経システムの成長を助け、

赤血球を生産します。 妊娠中の摂取目安量は、1日2.8㎍。

日常的に卵、肉、にゅうせいひんを食べている人は、

ビタミンB12は、足りています。 徹底したベジタリアンの人は、

ビタミンB12が入っている豆乳を飲みましょう。


という具合に。 もちろん、明日以降のダイアリーも続いていきます。

初めての妊娠で、かつ、周りに家族も知人もいない私には、

ありがたい本です。

週末から、今もまだ体調が治らず、ちょっと辛い時間を過ごしています。

扁桃腺が腫れて、ごくんとすることができなかった土日。

幸い、熱はさほど高くなかったので、自宅の布団でひたすら安静にしてました。

念のため、病院にも電話で状況を話したところ、高熱で、だるい状態であれば、

病院へ行くことを薦めるが、扁桃腺だけであれば、ちょっと様子をみてと。

この看護師さんの会話をどう受け止めるかだけど、

胎児にすぐ影響がでてしまうようなことでもなければ、この時期に、

余計な薬などは飲みたくないというのがあるので、ここは、様子をみることに。

でも、日常の家事が、またできなくなってしまい、週末は、完全に夫任せ。

夫も、自身の病状のことで病院に行ったり、仕事を自宅でする予定などもあって、

忙しい中でしたが、私の状況を最優先にしてくれました。

私は、夫に買い物をお願いして、ひたすら寝て、おきて、少し食べての繰り返し。

扁桃腺が腫れているので、飲み込むのが辛いので、おそばとか、ドリンク類。

更には、ここにきて、腰痛が更に悪化、寝ているのも痛くてね。

プラス、歯痛になるしで。 5ヶ月過ぎたら、妊婦の歯科検診ができるらしいから、

あと少しだけ待ってみようかと思っているけど、まあ、予定外のことばかり。

ここにきて、いかに体力も免疫もなくなってしまっていたか、痛感するばかり。

仕事しながらとか、活動しながら妊娠している方と違うのかなって。

比較しても仕方がないんだけどね。 次から次へと起こるので、参ってしまう。

ちょっとだけ穏やかな時期があったかと思っていたら、またこんな調子。

今週の盛岡は、また冬の天気です。 仙台の3分の1の気温しかない。

隣県なのに、本当に違うんだよ。 寒いわ。

岩手県は、なんとっても本州で一番気温が低い土地があるしね。

今日は、巨大サイズだった扁桃腺の腫れも少し小さくなったみたい。

本当は、内科、咽喉科に行こうかと思っていたんだけど、

荒れた天気で、雪が舞い散る風の中、出かける気力がわかず。。。

熱はさほどないこともあるので、自宅で様子を見てます。

歯も痛くてね。 腰は、悲鳴に近い。 痛みのある部分にホッカイロで処置。

少しだけ家事をしたら、もういっぱいいっぱいです。

とほほ。

こんなとき、近くに母でもいてくれたら。

私が家事をいっさい放棄してしまったら、生活は、とまってしまう。

早く回復しなければと思いながらも、なかなか。

せめて、天気だけでも穏やかであってくれたらな。

窓を見ると、うんざりです。 小雨のように雪が待ってる。

ブログで気持ちを吐き出して、また現実に戻っていく。

がんばれ、私。 こうしている間にも赤ちゃんは、成長しているはずだから。

鼻の下も、かみすぎて真っ赤。 

天気が回復したら、気合を入れて、歯医者や内科に行ってこよう。

それまでは、自宅で凌ぎます。

まだまだ母は、強しとはいかないのでした(泣)
[PR]
by yagi35 | 2009-02-16 15:04 | 妊娠中の記録


日頃の感謝を込めて。Valentineday

d0138212_15141476.jpg
朝から、強烈な風が吹きまくっている盛岡です。

気温は、高いのに、風のせいで、荒れた天気としか思えない。

今日は、夫の気になる症状を診て貰う為に一緒に病院へ行く予定でした。

しかし、予定外のことが起きてしまって、一人で行ってもらいました。

それは、夜中、トイレに起きた時に、とっさに感じた喉の違和感と体温。

喉が腫れているような、ごくんとすると完全に痛い。 風邪?

完全に撃沈でした。 朝になると、もう、汗が沢山。

昨日まで、そのような気配はなかったのに(泣)

結局、夫が出かけている間、とにかく寝ていることにしました。

夫の病状は、個人クリニックでは、判断がつきにくいものらしく

残念ですが、次回総合病院で再診です。

でも、なかなか病院へ行く気持ちにならなかった夫がやっと行ってくれただけでも。

この勢いを消さないように、時間をあけず再診の予定を立てようと。

普段の生活には、いきなり支障がでるということではないのですが、

長い目で見ると、不安になる症状なもので。

今日は、私も体調崩してしまい、週末は、自宅で過ごすことになりそう。

午後になり、体調が少しよくなったのを見計らって、とりあえず作りました。

でも、手際の悪さから、焼き過ぎてしまった。 

はあ~(沈) ココアマフィン ならぬ これでは、なんちゃってカップケーキ。

寝起き早々に作っている私に怒りモードの夫でしたが、

まあ、本人がどうしても作りたいと主張して、続けたのが、この失敗作。

ごめんと先ず誤ってから、夫へValentineとして贈呈?!

決して美味しいとはいえないので、無理に食べないようにと付け加えて。

こういうものは、気持ちですから~。

このブログを書き終えたら、私の自由時間は終わりだわ。

これからまた一眠りします。 

この時期は、通常の風邪薬飲めないしね、しっかり安静しないと。

無理をする時間は、もうこれで終わり。

では、また~。
[PR]
by yagi35 | 2009-02-14 15:11 | 日々の出来事

    

夫の転勤先「盛岡」で家族時間を大切に過ごしてます。since2005
by yagi35
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧