step by step


<   2008年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧



温かい言葉をありがとうございます。

久しぶりに、ブログを更新した後、

離れている友人からメールが送られてきました。

ブログにもコメントを寄せ下さった読者の方もいました。

一方的な発信の場として、自分の気持ちの整理として書いているブログですが、

こうして、言葉をかけてもらえるのは、やはり嬉しかったです。

ありがとうございます。

3月に入り、治療生活が始まってから、盛岡で人と会うこともやめ、

人と話すのが、身内だけになっている中、たとえ、ネット上であっても、

会話が成立したような気持ちになりました。

ひとりで戦っているという気持ちではないですが、やはり、自分と夫、夫婦で決めた治療。

だから、辛い、悲しい、複雑な感情を抱いたとしても、

決して、誰かを責めたりすることもできない。

他人に、分かって欲しいと思って訴えているわけでもない。

でも、何処かで吐き出さないと、自分の生きている足跡を残しておかないと

今、こうして全ての時間、思いを捧げている自分の記憶のカケラが残らないのは寂しいって。

そんな風に思ってしまう私もどうかと思いますが、

一人で立ち向かう私には必要なものだった。

私のことを思い、心から心配、気遣ってくれる友人、励ましの言葉をかけてくれる友人。

数分違いで送られて来たメール。 涙が溢れて1回では、読めませんでした。

改めて、ゆっくりお返事させてもらいたいと思っています。

今の私には、どんなものより、温かい言葉が一番です。

昨晩、突然、痛みが発生してしまい、夜中、眠ることもできず不安な一夜を過しました。

ここまで何とか耐えられてきた私でしたが、また以前のような恐怖がよぎり、辛かった。

朝まで何とか持ちこたえて、通院先のクリニックへ。

異常ないという診察結果でしたが、不安は残るまま帰宅。

また、襲ってきたらと、今度は、その不安で1日、不安でいっぱいに。

そんな時、またメールを読んでみたり。

日中の時間が、とても長く感じた1日でした。

夫からも、電話があったり、不安も徐々に薄れ、なんとか夜を迎えています。

寝てから、どうなるか不安ですが、医師の言葉を信じるしかありません。

こういう状態の者にとって、祝日などが多い今は、不安も増えます。

診てもらえませんからね。 だから、これからの連休中、何事も起きないことを願うばかり。

おやすみなさい。
d0138212_0102818.jpg

[PR]
by yagi35 | 2008-04-28 23:55 | 不妊治療


我が家のHERB 成長中♪

d0138212_23583152.jpg
アップルミント のびのび~。

お手入れしないといけないんでしょうね。 

でも、こんな風になると思わなくて(^_^;)

鉢では、小さかったかな。 繁殖力が凄いとは知っていたけど。

HERBを育てるのが初めてなもんで、既に悪戦苦闘してます。

3月中旬に苗を購入してから、1ヶ月経ちましたね。

おかげさまで、なんとか持ちこたえています。

まだ、屋外にずっと置いて育てるまでには気温が低く難しいです。

日が射す方向へ、植物たちは、しっかりと顔を向けている姿が可愛いものですね。

横になることが多い最近、彼らを眺めては、元気も貰っています。

今日は、久しぶりにお手入れを決行しました。

d0138212_052626.jpg
ミントティーとして飲めるかなあと思って試したけど、ちょっと匂いがきつい。

挿し木する方法より、ミントの場合は、茎を水平にカットするのがポイントらしいです。

増やす予定は無いのですが、このまま伸ばしておくのもなあって。

夏になると、お花が咲いてくれるはずだから、それまでは、頑張りたいです。
[PR]
by yagi35 | 2008-04-28 23:07 | アロマテラピー


桜の樹の下で  ~御所湖畔雫石川園地~

d0138212_012317.jpg
久しぶりに少し外出をしました。

回復状況を確認する為の診察を終え、その帰りに夫が私に「桜」を見せてくれました。

車での外出なので、少しならば大丈夫かなと自己判断でしたが、

平日、自宅で安静にしている私にどうしても桜を見せたかった夫の気持ちも大切にしたかった。

まだ盛岡でも、少し山方面へ足を運ぶと満開な桜を見ることができました。

時折、吹く風は冷たいのですが、止んでいるときはポカポカ陽気♪ まさに春です。

150本のソメイヨシノが満開でした。 桜の花びらが風で舞い散る様子は、言葉にならないです。
d0138212_054230.jpg
そして、花びらにのせて、桜の匂いが漂ってくるのです。 想像できますか?

桜の匂い。 最高でした。 体全部で花びらを受け止めたくなるくらい(^▽^)
d0138212_010120.jpg
久しぶりの外の空気と太陽の陽を浴びて、諦めていた桜の花見も実現できて大満足でした。

夫婦でこの場を訪れたのは初めてでした。 出張帰りの電車の中から発見したそうで、

どうしても探して一緒に見たかったんだよって。 嬉しいじゃありませんか。

今年のお花見は、弘前や角館に行くことはできませんでしたが、

岩手でも素敵なスポットを発見できて、感激です。

わずかな時間でしたが、桜の樹の下で心も体も癒されてきました。

何処までも続いていそうな桜並木を目の前にしていると、ちょっと現実逃避になりそうに(^_^;)

石段に座り、軽い食事をしているカップル、家族ずれなどの姿も。

来年も機会があれば、是非、お弁当持参で!
d0138212_021413.jpg

御所湖畔雫石川園地

交通 JR雫石駅から車で約3分。鶯宿温泉・小岩井農場から車で約15分

案内 雫石川をせきとめて造られた多目的ダム・御所湖畔に約150本のソメイヨシノが
    色づくのは通常4月下旬だそうです。
    周りは、田んぼや、雫石川があって、自然な未開発地です。
    駐車場もないので、長居はできないね。
    
[PR]
by yagi35 | 2008-04-27 00:23 | 東北ドライブ


残しておきたい。

d0138212_23241334.jpg

以前から、考えていたブログの記事を『製本』にすることを遂に実現しました。

私とって、岩手という地は、知り合いもいない、地理的にも知識が少なく未開の地。

今から3年前に夫の異動で訪れてから過した日々は、

同時に本格的な不妊治療と向き合い日々でもある。

一生の中で、特別な時期であることは間違いない。 とても特別な時間。

そう思っていたから、ここで過している時間をカタチに残しておきたかった。

2006年~2007年(2年間)を、「日々の暮らし編」と「治療編」に別けて依頼しました。

そして、「治療編」を読み返してみました。

人生のタイミングというものなのか、盛岡へ来た時期に、真剣に悩んでいた私にとって、

治療をするために、ひとりで病院へ向かうには相当な決意があったこと。

最初の検査で、自然妊娠の確率が低いという結果がでたことを受けて絶望で一杯になったこと。

これまで生きていた自分の不摂生な生活ぶりを責めてみたり、自己嫌悪に陥った日々。

泣き崩れるばかりの日々が続く私を強く抱きしめ続けてくれた夫。

夫の目から、涙が流れていたあの日。

絶望から、少しの希望、明るい気持ちを持ち直すまでの時間、葛藤。

辛い治療に耐えながら仕事をした日々。

結果が思うようにでず、自暴自棄になってしまった。

1年というサイクルを、妊娠するためのチャンスという感覚でしか過せなくなっていた自分。

1年=12回のチャンスがある。。。  もう、必死だった。 

体の負担を押し倒して、今度こそ、今度こそと気持ちだけ独走状態。

勝負をかけて臨んだ予定外の治療でも、あえなく初回で可能性が低いと判定された衝撃。

ここまでして、子供が欲しいのか、、。

真剣に考えた。

心身をココまで犠牲にして得るものはあるのか、、。

完全にマイナスへ向かっていってしまった終盤。

そうして、総合的なものが幾重も繋がって、身体が悲鳴を揚げてようやく治療中断を決意。

私の人生設計に、全く想像していなかった出来事に向き合ったわけですが、

今、こうして復活できた自分がいるから、少しは得るものはあったはず(微笑)

この本は、夫婦にとって大切な記録となるでしょう。

そして、2008年3月~ しばしの中断を経て再開している。

2008年の記録は、何処まで続くでしょうか。。。

治療を通して、夫婦の絆が深まっていくのが実感できる素敵な記録。

長くなることはないかな。 短くても製本にして大切にしたいと思っています。
[PR]
by yagi35 | 2008-04-26 23:51 | 不妊治療


ステップ3 そして4への歩み・・・。

16日から10日が経過していました。

この期間、私にとって特別な時間、そして今も。。

16日に行ったものは、私にとって初めての領域。

そして、待っていたのは、壮絶な激痛と、心身の消耗。そして今後の期待と不安。

全身麻酔ではないうえに、麻酔の効き目は処置後に効き始めるということで、

全身で、自分自身を必死で受け止め、こらえてのものだった。

わずかな時間ではありましたが、想像を超えていました。

地元ではない為、身内が付き添ってくれていたわけでもなく、

夫も、最低限の時間を割いてくれたましたが、病院には私ひとり。

帰りは、タクシーに乗るのが精一杯。

処置後、3時間程は、病院内で安静にしていましたが、復活には程遠い。

その夜から、多数の薬を服用することにもなり、しっかりしなくてはと気合を入れるも、、。

ステップ3に至るまでの筋肉注射の痛みとは比較にならないほどの負担がかかりました。

ここまでの思いをするのも、相当な覚悟を持って臨んだ自分の気持ちがあってのこと。

両親、そして夫の支えがあってのこと。 ひとりではここまで来れなかったと。

しかし、正直、女性に掛かる負担(体、メンタル面)は、かなりのものです。

私が、ここでバランスを崩してしまえば、全てが終わるんですから。

そう考えると、常に、気持ちを維持して日々を過ごしていかねばならない。

ステップ3を終えて、次の段階へ進めるのか否かは、結果次第でした。

早々に結果が分かるというのも、当人としては複雑な思いがありました。

なぜなら、以前にも一つ前の段階の治療で、結果が処置直後に言われた事があったから。

勿論、失敗であったということですけどね。

しかも、今後も同じ治療では難しいだろうと言われてしまった残酷な思い出がありましたから(苦笑)

目の前が真っ白になりました。 やっとの思いで臨んだから、絶望、喪失な気持ちでいっぱい。

あれから、1年、、。 強くなりました(笑)

処置翌日、あえて結果を聞くことにしました(本人の希望で、知らせてもらえました)。

この時点で、失敗であれば、今回の治療は、終わり。

メールにて知らせを受け取ることになっていました。

病院からのメールを受信して、2時間経過したのち、ようやく決心しました。

・・・・・ひとつの奇跡が起きたことを知らせてくれたメールでした・・・・・

携帯を握り締め、ひとり泣いていました。

正直、今回も、難しいような私の予感があったので、想定外の知らせに震えました。

欲を出せば、きりがない。

本音を言えば、少し頼りないけど、一本の細い糸が繋がったことは間違いなかった。

その細い糸が、次のステップ4へ私達を運んでくれました。

この知らせを境に、まだ回復していない体をひたすら大事に労わり、心穏やかに過そうと心がけた。

ステップ4へ進むまでに1週間程ありました。

気持ちは、不安・期待半々でしたが、

それでも、体を大事にして次へ万全の体制で臨むことに全力投球しました。

次のステップまでいけたら、後悔はありませんから。

その後の結果は、もう神のみぞしる領域ですので、、。

ステップ4を無事に迎えることができた当日、私は相当緊張していました。

前回の処置に比べたら、辛いものではありませんでした。

しかし、この日を迎える事が叶った喜びと、その後に待ち受ける総合的な判定への不安が

私にを新たな緊張を生み出してしまったようで、 処置中、足が震えてしまうというアクシデント。

支障は無かったものの、その後も安静にしている時間も、自分では身動きが取れない。

今日を無事に迎えることができた喜びで足の震えとは別に目からは涙がこぼれ続けていた。

体と心、まさに複雑な状態のまま、臨んでいた私。

大勢のスタッフに見守られていたことも影響していたでしょうけど。

病院側には、

不安も不満も全くなく信頼関係が築けていると思っていましたので、委ねるだけでした。

今回もまた医師をはじめとして

看護師の皆さんも、大事に優しく対応してくださった事に感謝しております。

今回は、体の負担もやや軽かった。 少し安静にしてから、病院を出ました。

この日は、ちょうど盛岡で開花宣言が出された日でした。

桜を見る余裕も無かった私は、病院から少しだけ歩いて桜を見ました。

近くにある神社には、桜が満開でした。 また、参拝しちゃいました。

本当は夫と話したかったけど、仕事ですしね、我慢。

誰かと話したいなあって。 きっと、解放された気持ちだったんでしょう。

早速、母へ電話をしました。 元気な声を発したことで、安心したようでした。

神社内の桜を見ながら、自然に声も明るくなっていたのでしょうね。

その後は、早々にタクシーで帰宅しました。

しかし、帰宅後数時間、新たに両手が震えてしまうという症状が出てしまって、

それが両方だったので、何かとんでもない副作用に見舞われたのかと気が動転してしまった。

すっかり、体全身で反応してしまったようでした。 やはり、よほどの緊張だったのです。

片方の手を手首部分で抑えないと震えが止まらない。 

CUPも、箸やペンもきちんと持てないのです。 病気かと思うくらいで恐かった。

でも、夫が帰宅するまでの数時間、眠ったことでようやく治まりました。 一安心。
d0138212_22442316.jpg
やるだけのことは、できました。

悔いは無い。 穏やかな気持ちで一杯でした。

そして、あれから数日経過、現在も、まだ独特の痛みや症状が続いていますが、

心身共に、安定した状態に戻りつつあり、自分も夫も平静を取り戻しつつあります。

余計な期待などは、もうすることはなくなりました。

今回の治療は、何度もできるものはありませんから、今回の結果を冷静に受け止めるつもりです。

そして、その後は、どうなるかはわかりません。 夫婦で納得できる結論を出すつもりです。

本当に心からそう思えるようになった私。 

やはり、治療に臨むに際しては、しっかりとした気持ち、決意を持つことが大切だと思いました。

私には、1年の歳月が必要でした。

今は、一生の中で、二度と経験できない時間を過しているんだと思って大事に過しています。

体は、私の負担が大きいですが、気持ちの面では、夫が不安を取り除いてくれるから軽くなる。

毎晩、遅く、出張などもあり、一人で過す時間が長い期間でもありましたが、

何処にいても、見守ってくれていると思っているから、安心して過せました。

ありがとうね。

私達、悔いは無いよね。  

後は、静かにそのときを待ちたいと思います。。。

今は、体調の回復を何よりも優先に過しています。 

・・・・・・見守ってくれている皆さんへ・・・・・

心配かけましたが、今は、清清しい気持ちで一杯ですから、安心してくださいね。

体調だけまだ良くないので、もう暫く大人しく過しています( ̄(エ) ̄)ノ
[PR]
by yagi35 | 2008-04-26 23:12 | 不妊治療


ステップ3へ 

週末も注射治療を続け、この数日は、まさに体の不調もピーク。

寝て起きて、体調がちょっとよい時間に家事や余暇を過す。

でも、幸いなことに注射治療の回数が少し減りました。 

昨日、早朝に指定時間に病院へいき、今期、最後の注射が終了。

次は、ホルモン治療だとか。 

数日、体をひたすら安静にして、今日を迎えました。

今日の午後より、新しい段階へ進む予定です。

体の不調に加えて、花粉症も酷いまま。しかも薬を飲めないので悲惨(x_x;)

腰痛も再発して、寝る際に丸めて寝てみるが、子宮周辺が痛いためポーズが定まらない。

昨晩は、明日に備えての気持ちで、横になっているのに、心臓がバクバク。

眠らなくてはいけないなのに、眠れない。

日中、横になっているから寝付けないのかもしれないけど、色々考えてしまってね。

まさに、不調ぎりぎりのところで、次の段階へのgoサインが出たことは嬉しかった。

今朝は、午後に備えて、飲食しないでいます。

やっぱり、期待より不安の方が大きいかな。

今日の処置が終わっても、まだ先は見えないからね。

でも、治療を再開して、1ヶ月でココまでたどり着けたことだけでも褒めてあげたい。

きっと、仕事をせず、のんびりと過していることが体にとっても良かったんだと思う。

夫の協力、家族の協力の元で、ここまできました。

じっと横になっていたけど、やはり、気持ちが落ち着かないので起きてきました。

今日は、午後から病院でお世話になります。

麻酔から無事に目が覚めて、ほっと安心した気持ちで自宅に帰れることを祈って。

また、いつもと変らぬ暮らしができますように。。

今日以降、しばらく何も考えず静かに暮らしていけますように。。

じゃあ、また!!
d0138212_10573288.jpg

[PR]
by yagi35 | 2008-04-16 11:03 | 不妊治療


『Around40』

あらうんど40・・・40歳前後の世代のこと。

初めて聞きましたよ。 テレビドラマのために作られた言葉じゃないでしょ?

既に、世に認知されている言葉なんでしょうけど、知らんかった(^_^;)

TBSで始まった春ドラマの一つ『Around40~注文の多いオンナたち』より。
d0138212_1852621.jpg
略して"アラフォー"と呼ぶらしいですね(笑) 

私もれっきとしたアラフォー世代ですよね、35歳ってことは。

いいじゃないですか!! 人生、オンナとしてもこれからだわ♡

仕事である程度のキャリアや地位を得たり、家庭に入り、母として主婦として忙しく過す人、

"自分"探しの旅を続けている人、、まだまだいますよ。 昔のアラフォー世代とは違う。

以前から自分のテーマして持っているのが、

40歳までにやりたいこと、努力することを惜しまないこと。

その結果、40歳から、今まで生きていた経験、努力の結果が体全体にでて来ると。

そして、40歳は、人生についてじっくりと考えてみる。 人生の折り返し地点かなって思うの。

私の40歳は、どうなっているのか、まったくわかりません。

けど、あと5年間ある。 今まで手をつけなかったこと、怠けていたこと、挑戦したいこと、、など。

できるだけ頑張ってみるんだ。

私の憧れる女性は、みなアラフォー世代から上の女性ばかりです。

まあ、年齢から言っても自然かな。でも、本当に素敵に生きている方沢山います。

目標と出来る方がいることも大きいよね。

私も、素敵ですねって言われるような女性になれたら嬉しいですけどね。

夫のお母さんが、ドラマの影響なのか分かりませんが、以前、私の雰囲気を天海さん似だと。

嬉しいですけど、天海さんのどんなシーンを見て思ったんだろうか、、?そこがわからん。

それ以来、単純な私は、天海さんみたいな飾らない感じの女性が好きになりました。

今回のドラマも、天海さんのキャラクターが活かされているようにみえます。

でも、私は、あんなに男性に色々と物申したりはしませんよ(笑)

ドラマの内容は、まあ、なんとなく展開は読めますけど楽しめるかなって。

もし、よかったらご覧下さいませ。 アラフォー世代でなくても!!
[PR]
by yagi35 | 2008-04-15 18:48 | 気になるgoods・news


イギリスパン ~天然酵母使用~

d0138212_1835456.jpg
先日、作っていた酵母菌を"生種"として、早速、イギリスパンを作りました♪

ホシノ天然酵母は、1、2日もあれば、すぐに出来てしまう。

そして、新鮮なので、出来たら直ぐに使ってしまうがいい。 冷蔵庫にて保存。

少し、舐めてみて、"ピリッと"まるでビールの苦いものが濃縮されたみたいな味なら完成!
d0138212_18351454.jpg
いやあ、今回頑張ってくれましたよ。 膨らんでくれたなあ~。

オーブンの前で焼きあがりを愛おしく眺めてしまった(*^o^*)

今回、200度で30分でしたが、後半から、上にアルミ箔をかぶせて焦げるを防ぎました。
d0138212_18374456.jpg
強力粉、生種、砂糖、塩、水(温水)のシンプルさが好きです。

パリッと焼ける感じが、天然酵母のいいところなのかな。 厚切りにして食べたいものです。

前回の食パンは、ランチとして、卵サンドを作ってみました。 久しぶりだけど、美味しいね♪
d0138212_1842830.jpg

[PR]
by yagi35 | 2008-04-14 13:31 | パン作り3年生


『2クール』

先週から始まった日本テレビ土曜夜、深夜放送番組『2クール
d0138212_0311450.jpg

私の好きな"小林聡美さん" "もたいまさこ"さんが出演している。

ふたりで、毎週テーマを決めて、自然体で話している。

映画の二人が、素?に近い雰囲気で話しているように見えるのもイイデス。

残念ながら、こちらでは、REALタイムでは見えれないみたいで( p_q)

でも、ホームページを見たら、嬉しいことに、

"全編動画配信"(MOVE)というコーナーがあった。

早速、チェック。 ふたりらしさがたっぷりでていた雰囲気でしたよ(^o^)

記念すべき1回目の舞台は、"焚き火"

そして、今夜は2回目。 舞台は、"店番" さあ、どんな話が聞けるかな?

私は、またサイトのMOVEコーナーより拝見。 楽しみ。

2クール http://www.ntv.co.jp/2cool/index.html
[PR]
by yagi35 | 2008-04-13 00:36 | 気になるgoods・news


大人のカフェ。 

d0138212_237922.jpg
紺屋町にあるカフェ「自家焙煎珈琲 クラムボン」にて

4月に入り、盛岡は、風の吹く日が続く。 

せっかく日差しがでても、冷たい風が吹いてしまうと外でのんびりできない(;O;)

桜前線も北上している中、盛岡市内は、まだ蕾の状態。

来週には、少しずつ咲き始めて欲しいものです。

今日もあいにくの風が吹いた1日。

土日の通院は、夫が送迎してくれる。

通院先の周辺は、盛岡でも昔ながらの風景を残した建物が残っている。

通院の帰り、車をとめて少し散歩。
d0138212_23173354.jpg
隣には、地元の酒蔵がある。 まだ、飲んだことないんだよなあ。

人の気配も少なく、のんびりカメラ片手にぶらぶら。

何度か歩いた場所ではあるけど、盛岡市内でも好きな場所に入るかな。

紺屋町という名前も味があるじゃないですか。

美味しい自家焙煎の珈琲と玄米カレーをランチとして頂きました。
d0138212_23164264.jpg

こちらは、昔からある地元のカフェ。 何度か訪れてますが、今年は初。

私達がお邪魔した時は、お昼すぎでしたが、男性2人。 それぞれ1人で来ていたお客様。

ゆったりとした時間を落ち着く店内で過していました。 珈琲一杯で過せる居心地の良さ。
d0138212_23144521.jpg
ひとりでふらっと入って、誰に気兼ねすることなく、

まったりと限られた時間を好きな空間で美味しい珈琲と共に過せる。

夫と一緒にいても、特に話すことも必要はない。 

マスターを見るのもよし、ディスプレーされたアートを鑑賞するのもよし、本を読むのもよし。

店内には、焙煎された香ばしい珈琲豆の香りが漂う。 沸騰する音が聞こえる。

狭い空間で、お客さんそれぞれが思い思いの時間を過している。

また、ほっとひと息つきたくなったら訪ねてみよう。 
d0138212_23321471.jpg
 
[PR]
by yagi35 | 2008-04-12 23:33 | 日々の出来事

    

夫の転勤先「盛岡」で家族時間を大切に過ごしてます。since2005
by yagi35
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧