step by step


カテゴリ:つぶやき( 30 )



女性として、妻として、母としての生き方。

d0138212_177127.jpg
仙台での、新たなアロマの勉強をした帰りに、

真っ直ぐに盛岡へ戻らず、少しだけ休息。

仙台での夜時間を過すのは、かなり久しぶり。

たとえ2時間くらいでも、なんか嬉しかったわ。

しかも、気心知れた友達とならば、なおのこと(⌒^⌒)

前々からの約束でもなかったのに、

私が、ちょっとしたメールを送ったら、彼女は、都合をつけてくれて。

ほんと、ありがと。 そういう心遣いが、いつも嬉しいです。

忙しく過している彼女とは、なかなかゆっくり会うことができない。

まして、盛岡と仙台と離れているし。 

そんな彼女も、結婚して間もなく1年。 おめでとう祝1周年♡

彼女なんて呼んでいるけど、立派な元職場の先輩であり、

私の憧れとする女性の一人です。

入社した時から、素敵な女性と思ってから、はや11年。

今でも変わりません(*μ_μ)

可愛がってもらいましたし、ひとりの女性として、時には、熱く語ったり。

夫も巻き込んでの長い付き合いになっています(笑)

その彼女と盛岡へ戻る間でのわずかな時間でしたが、

久しぶりにお酒なんぞ、飲みながらGIRLSTALK炸裂しました!

結婚しても、変わらないテーマがあり、そして、新たなテーマもできて。

40代を前にして、思うこと。

そして、これからの人生、妻としていき始めた今、そして今後。

私が過してきた行き方を少なくても11年間、見てきている彼女からは、

常に励まされて、そして、温かい言葉を掛け続けてもらっています。

人生において先輩でもあるけれど、同じ女性として共感できることも多い。

今後は、益々共通するテーマが増えていくことでしょう。

華やかに見えても、抱えている悩みは、人知れず。。

今夜は、昔、残業の帰りに、たまに立ち寄った仙台駅前のProntにて。

懐かしいなあって。

以前は、同僚として、仕事の愚痴や人間関係のことで話て、

今は、互いが抱える女性ならでの悩みや、家族についてなど色々。

でも、今回は、ちょっとだけ過去の思い出を切なく話したりしてヽ(´▽`;)/

まあ、人生経験豊富なことはいいことよねって。

私と同じ考えを持っていた彼女だったので、HEATUP!暴走しました。

久々に女性ならではの話、大人の会話?!をした気分になりました(笑)

帰りの移動の中で、竹内まりやさんの"幸せのものさし"を聞いて、

今夜会った彼女と自分と、もうひとりの友人を思い出しながら、

互いに夫々の人生を精一杯生きてるなあって思ったわ。

もうひとりって、わかるかな? このメンバーで会う3人よ☆

アラフォー世代、頑張ってるぜーってね。

22時前に到着した盛岡は、すっかり冷え込んでました。

でもね、この日は、宵はさめることなく、浮き浮きしながら帰宅。

日中の勉強は、ハードだったけど、

友人との2時間の方が価値があったかな。

辛いとき、落ち込んでいる時、こうして必ずサポーターが現れる。

嬉しいね。

ありがと。 女性として、妻として、立派に生きてみせるわ!
[PR]
by yagi35 | 2008-11-08 23:45 | つぶやき


優しく温かいコメントありがとうございました。

私を遠くから見守っていてくださっている皆さんから、

今回も、心に染みる、残る数々のコメントを頂きまして、感謝の気持ちでいっぱいです。

ほんとうに、ありがとうございました。

『ただ、ただ、ありがとう』 ・・・その言葉につきます。

盛岡でひとりで向き合う月日の中で、このブログを通じて励まされ、元気をもらい、、。

面識の無い方からも、このブログを通じて長いお付き合いとなっている方もいれば、

新しい出会いをしている方もいますし、遠くにいる友人が、私の近況を知ってくれたり。。

コメントがなくても、いつも見守ってくれている友人達は、ここ一番というタイミングで、

メールをくれたり、手紙をくれたり、、。なんか、嬉しいんだよね。 泣けるんだよね。

こういう生活を送り3年。 いつ終わるか、終われるのか、決めるのも自分。

その中で、期待と不安、そして葛藤の繰り返し。

前回の治療最終判定日から、10日が過ぎ、既に、いつもの気持ち、暮らしに戻りました。

まだ日もさほど経過していないような、とっくの昔の出来事だったような、、。

結果を引きずっているような気持ちも、行動もなくて、さっぱりとした自分がいます。

1つ1つ、挑戦していく中で、気持ちは、強くなっているのが分かります。

結果を出せないで終わっていく中、言い尽くせない悔しさ、無念さ、残酷さも感じますが、

どうしようもない領域なわけだから、受け止めるほかないのも事実。

自分のなかで、100%完全に受け止めることができるまでは、前に進めない。

中途半端は、決して良くない。

その受け止めるまでにかかる時間が、どんどん短縮してきた。

結果をしっかりと受け止められるだけの、行動をしてきたという自信があるから。

やるだけやっての結果だから。 後悔のない治療生活をしてきての結果だから。

春から、夏と2度に渡り大きな治療をしてきた私達。

私達夫婦だけじゃなく、私の両親、妹にも精一杯の応援を受けて挑戦しました。

そして、遠くで応援してくれている友人達のパワーもしっかりエネルギーに替えて、、。

ほっ。 ひと息ついた心境です。

もう、枯れるほど泣いたから、涙も出ません(笑)

子供として宿ることは出来なかったけれど、子供となる源には、出会えたから。

今回も写真でしか対面できなかったけれど、とっても神秘的でした。

生まれてくれたら、私達の子供は、いったいどんな赤ちゃんだろうなぁ。。

想像しながら、治療に臨んだ瞬間は、

ほんのわずか期間でしたが、母になれるかもという喜びで溢れていた私。

幸せなヒトトキでした。 

理由なんて、ないんですよね、ただ、幸せなんです。

また、いつの日か、そう思える瞬間が巡ってくれたなら、もっと幸せだな。

いつか出会えるかもしれないわが子に、沢山の愛情を注いであげたい。。。

こうして、私達の2008の夏が終わりました。

もう、前を向いて歩き始めています! 安心してください(^v^)
[PR]
by yagi35 | 2008-09-25 00:13 | つぶやき


秋を感じながら。

d0138212_10574596.jpg
季節が、変わり始めた今日この頃。

気温は、まだ高めだけど、朝晩は、涼しい。もう、蚊も飛んでこないだろうな(笑)

ここ数日、東北も秋日和が続いていたのに、また今朝は、雨模様。

今年の天気は、異常だよ。 

色々な気持ちが入り混じって、ちょっとしんどくなった私。

一昨日から、昨日まで実家へ帰省しました。

温かく迎えてくれた両親と、しばしの穏やかな時間を過してきました。

私には、こうして帰る家がある。 無償の愛で、いつでも迎えてくれてる家族がいる。

なんて、幸せなんだろう。 年を増すごとに、感じています。

両親から出る言葉の一つ、一つを今、大事に胸に刻んでいる。

結婚した今も、いつまでも娘の将来を案じて、幸せになってくれることだけを願って。

今は、まだ何ひとつ親孝行できていないけど、

ありのままの自分を見せて、言葉にして、安心させてあげることが私の務め。

両親にとって、娘が向き合っていることは、未知の世界であり、

ただただ、遠くから見守ることしかできない歯がゆさがある。

こうして、娘が会いに来てくれただけでも、ほっとしてくれたようです。

そして、私も、ほっとしているのです。 言葉に表せるものではありません。

帰る間際、父方のお墓へお参りをしてきました。

そこで、気持ちもリセット。 落ち着いて、またいつもの暮す盛岡へ。

何処にいても、思いは、一つ。

家族とも、友達とも。 ひとりじゃない。

前を向いて歩いていこうよ。

短い時間でしたが、リフレッシュできて、良かった。

ちょっとした心のセラピーを受けてきた感じかしら♪
[PR]
by yagi35 | 2008-09-12 11:33 | つぶやき


車窓から見た空

d0138212_23233699.jpg
今夜も夫は遅い。只今、出張中の新幹線かな。。

先日の仙台へ行った際に、乗車していた高速バスから思わず撮影した夕方の空。

綺麗だった。 とっても、綺麗だったから。

宮城から岩手に入って、しばらく経った頃。

携帯プレーヤーから、小田さんの曲が流れて、ぼーーと外を眺めていた。

『風の街』より

・・・流されているかな 知らないうちに

愛されているかな あの頃みたいに

寂しくさせていたとしたら

いつかきっと 取り戻すから・・・

それがたった一人でも どこかで

いつも誰かが 見ていれば 

ただ その想いだけを この胸にしまって

ずっと 走って 行けるんだ・・・・

もし 今すぐ何かを 捨てろと言われたら

僕はその時 何を残すだろう

どんなに つまらなく見えたとしても

譲れないものが あるんだ・・・・

それでも ここは風の街

いつでも 同じ風が吹いている

それぞれの想いを 優しくつつんで

明日も こうして 風が吹く・・・

・・・・ささやかな この人生は どこへ続いてゆく

明日は ここから 見えるか・・・・



夏の空は、夏の雲は、心を元気にさせてくれる。 癒してくれる。

大好きです。  早く夏空全開の天気が続いて欲しいなぁ。。
[PR]
by yagi35 | 2008-07-30 23:34 | つぶやき


無題。

d0138212_17401049.jpg
爽やかな天気となった盛岡。

夕方近く、実家の母へファックスを送った。

以前、頼まれていた”とあるレシピ"をネットで検索して欲しいと頼まれて、

今日、忘れないうちにとメモして送ったのだった。

メインのレシピの話題から、いつもの私の治療の話に流れてから、

私は、なんだか急に止まらなくなっていた。

母に気持ちを言っても仕方が無いのに、母を困らせる、辛くさせるばかりなのに、、。

いつもは、自分の気持ちを常に前向きに維持しているけど、

やっぱり、心の奥には、消しようの無い不安、焦り、憤りが渦巻いているから。

今日は、自から、その扉を開けてしまったようだ。

せっかく、元気な姿を見せたばかりだったのに。

明るく前向きで過していると告げたばかりだったのに。

ごめんね。

今、電話を切って、立ち尽くす。。 なにしゃべってんだ私。

誰のせいでもないんだ。 こうなっているのは。。

気持ちを落ち着かせたい。 しっかりして欲しい自分。

体は正直だよ。 また、きっと体が泣いてしまっているかな。

ごめんよ。

毎晩、遅くに帰宅する夫を待つ間、ほぼ1日一人で過しているから、こうなるのか。

こんな姿、誰にも見せたくない。 夫にも。

大きなため息を何度ついただろう。

でもさ、こんな日もあるよね。 あるはず。 人間だもん。 

35歳。 こんな生活していれば、時には苦しくなって爆発したくなるさ。

いつも前向きな私じゃないか。 そうだ。

言い聞かせて終わるぞ!

夫が帰宅4~5時間後までに、またいつもの自分に戻るわ。

ブログで気持ちの整理をしていまいました。

読んだ人には、なんとことかわからないね。 

ごめんなさい。 

ここ1~2時間。 自分の中で常に押し殺している感情が爆発してしまった。

先月下旬あたりから、また綺麗な夏雲が空を飾るようになってきた。

私は、雲の写真を撮るのが好き。

また、今年も夏雲から撮りはじめたいと思ってる。

こちらは、先週の平日の雲。 なんか惹かれました。 

じゃあ、また。 
[PR]
by yagi35 | 2008-07-01 17:53 | つぶやき


岩手・宮城内陸地震では、ご心配お掛けしました。

先週土曜日に起きた、『岩手・宮城内陸地震』から、数日経ちました。

当日から、その後にかけて、このブログを読んでくれている皆さんから

心配して下さっているコメントを頂いたり、友人から携帯メールを多数もらいました。

ありがとうございました。 この場を借りて、コメントのお礼とさせて頂きます。

岩手には、夫以外の身内も居ない私にとって、

自分の状況を心配してくれる方がいるというのは、嬉しいことです。

私の両親、妹とも離れて暮らしているし、夫の両親も遠く離れているし、

もしも、盛岡市で大きな災害が起きてしまったら、本当にどうなっていたんだろうと。

勿論、自分の住む地域で大きな災害が無かったから、

喜んでいるのではありません。

同じ県に住んでいる者として、心が痛みます。 

毎年のように全国の何処かで大きな地震や自然災害が起きている今。

まさか、自分の住んでいる地域で起きるとは、、。

誰も思うことでしょうが、本当に思いました。

仙台に住んでいた時は、

昔から、数年後には必ず大きな地震が発生すると言われていて、

少々の不安を抱えつつ住んでいましたが、

まさか北東北で起きるとは夢にも思っていなかった。

土曜の朝ということで、幸いにも夫が仕事休みだった為に、

一緒に不安な時間を過せましたが、

それでも、夫が急遽、会社へ出かけていった後の時間は、恐かったです。

夫とも離れた時間帯で、また大きな地震が発生したらどうしようと。 

傍にいてくれる人がいない状態で一人で自然災害と向き合うなんて、

今回の地震を経験して恐くなりました。 

最初に起きた地震で、思わずうずくまっていた私。

それから、すぐさまNHKを見ていました。

さほど影響はないのかと思っていたら、

時間が経つに連れてどんどん酷くなっていき・・。

山間部での山が崩れ、橋が直角に切断されている様をみて、ぞっとしました。

同じ岩手県の中で起きているのです。 今でも信じられないのが心境です。

地震当日の夜には、盛岡市内は、余震があるもの、落ち着いていました。

そんな中、近所の北上川で、何かイベントをしていたようで、花火が鳴りました。

私は、すごく違和感を感じ、また不快感を持ちました。

どうして、こんな時に花火なんて上げられるのか。 

花火を上げているその間も、不明者がいたんです。 

辛い思いをしている方がいたんです。

普通なら、花火の音を聞けば、夏を感じ、涼みたくなるところでしたが、

耳をふさぎたくなる気持ちになってしまいました。

こんな思いになっている間も、NHKは、状況を伝え続けていました。

地震があった翌日の日曜、爽やかな天気となりました。

夫と、運動不足解消として、市内を散歩に出かけました。
d0138212_15291066.jpg
こんなに穏やかな時間を過していいのだろうかと思うほど、晴れ渡りました。

悲しいことですが、人の記憶、心には、残るものの、1日1日は、確実に過ぎていく。

そして、当事者だけが、その記憶と状況に向き合っていくことになる。

川沿いで、釣りを楽しむ人、親子で自転車乗りを楽しんでいる、ペットとお散歩。。。

同じ岩手に住んでいるのに、こんなにも違うなんて。

その中に自分もいる。 夫と川辺の店でランチを食べている。 

なんだか、複雑な気持ちでした。
d0138212_15354393.jpg
まだ、余震が続いています。 月曜日も23時過ぎに市内でも余震を感じました。 

寝る前は恐い。

今は、状況を見守りつつ、

被害を受けた皆様が一日も早く元の生活に戻れるように願っています。
[PR]
by yagi35 | 2008-06-18 17:03 | つぶやき


letter。

d0138212_1942423.jpg
最近、皆さんは、郵便を使って、手紙やはがきを出す機会はありますか?

昨日、先日再会を果たした友人より1枚の絵葉書が届きました。

直筆にて、改めて、彼女からの言葉が綴られているのを見ると、

感慨深くなりました。 忙しいなかで、私宛に書いてくれた彼女のメッセージ。

絵画が描かれていた絵葉書。 彼女らしい素敵なカードです。 Thanks you!

これからは、メールと直筆の手紙をうまく使い分けてみるのもいいかな。

これからの世代、40代、50代になっても、メールでの挨拶というのも寂しい。

文字を書く機会も少なくなり、すっかり汚くなってしまった自分の直筆。

練習しよう! “〆(^∇゚*)カキコ♪

直筆にて、相手を思い、考えながら文字を綴る。。。

ちょっとオーバーかな。でも、それくらい感じます。

絵はがきは、飾っておくことも出来るね♪ 私、ルノワール作品好きです。
[PR]
by yagi35 | 2008-06-04 19:59 | つぶやき


サドルは傷つき、心は怒る。

これ、何かわかりますか?
d0138212_21223937.jpg

自転車のサドル部分です。

このサドルに沢山のひっかき傷のようなものを発見したのは、もう2ヶ月前のこと。

マンションの契約駐輪場に停めている。

この春、久々に乗ろうかと思ったときは、まだこんなに酷くなかった。

でも、4月連休前くらいだろうか。

ある日、突然だった。

私は、毎日乗るような状況じゃないから、日々の詳しい変化までは把握できない。

でも、あまりにもひどかった。しかも、右側部分のみ。

私の停めている駐輪スペースは、とにかく各自転車との間隔がない。

それでも、少し段差をつけてとめている。まるで、凹状態のような停め方。

あきらかに、右側に停めている自転車が、

出し入れする際に、傷つけているとしか考えられない。

でも、現場を確認していないから、何もいえない。

しかし、その人にも多少の良心はないのだろうか? この1ヶ月、静観していた。

私の思いは、まったく通じなかった。更に酷くなるばかり。

もう、この傷を見てから、自転車を見るのが嫌だったくらい。

ちょうど、4月から、再開した治療の初期段階に、乗り始めたばかりでしたけど、

あれから、色々あったことも加わり、自転車から遠ざかっていた。

今日、なんとなく買い物へ行く時、気になってしまい、駐輪スペースへ行ってみた。

相手は、学生。 日中は、いない。

実は、3週間くらい前かな、1度だけ。 サドルの部分に張り紙をした。

いわいる、ちょっとした注意書き。 まあ、とっくに無くなってました。

それよりも、何よりも更に傷が深くなっていて、いたたまれなくなって、取ってきた。

そして、管理人さんに、事情を話したら、別な場所に変更することを勧めてくれた。

ありがたかったけど、この駐輪スペースは、全体的に狭い。

なので、今後もまたあるかもしれない。 覚悟しないといけないのも悲しい。

でも、置く場所がないし。 乗らないということも考えたけど。 これから暖かくなるし。。

夜になってから、再度、駐輪スペースへ行き、空いているスペースとその周辺をチェック。

ついでに、私の今の場所を見たら、隣の自転車があった。これか!!

久々に、悪い気持ちがこみ上げてしまった。 思い切り、蹴りたくなったわ。

相手の自転車には、傷ひとつない。 私の自転車に傷をつけて何も思わない、この方。

自分だけの考えですけど、相手には、その思いはないのだろう。

世の中、そんなものか。

これからは、常にサドル部分は抜いておこう。 

ちなみに、他の自転車の状況もサドル部分を中心に見たけど、

私のような傷がついたものは無かったよ。

ほんと、久々に心底憤るような瞬間を味わってしまった。

シャワーキャップをかぶせてみたわ。
d0138212_2239254.jpg

[PR]
by yagi35 | 2008-06-02 22:39 | つぶやき


不愉快な会話。

久しぶりに自分の中では耐えられないレベルの不愉快極まりない会話を聞くことに、、。

昨日、昼下がりから夫と散歩をしながら途中で立ち寄ったお店での事。

ランチのお店と、カフェと立ち寄ったお店での連続の出来事。 人生初な。

2箇所とも隣席者の女性。 同性ということで悲しいやら、情けないから、怒りやら、、。

最初は、ランチでのことでした。

隣の席に、女性、数名がいました。

少し年輩の女性と私と同年代か下の方、そして、まだ未成年のような方。

その未成年の女性は、非常にきゃしゃで、少し精神面で不安定なイメージ。

私達が隣に座った以前から、そういう会話は始まっていたんでしょう。

店内は、狭いので、皆さん静かに食べている中で、ここだけ演説会場。

私と同年代かと思われる方、仮にA子さんとでも言いましょう。

そのA子さんは、大きな声で、非常にプライベートな話をし続けていました。

私達も、こんなに印象が悪くなったのも、会話の内容と、常識的なマナーの無さからです。

どういう関係の3名なのかはワカリマセンが、A子さんの独壇場。

しかも、上から物を言う言い方で、常に未成年の方に人生を知り尽くしたような話をする。

これからは、私を信じなさい。親族的なお付き合いをしていこうみたいな。。。

私の言う通りにしていれば、必ず大丈夫。 などなど、、。

未成年の方は、きっと何か事情を持っているような方に見受けました。

まるで、親代わりにでもなりますという内容の会話だったので、驚きました。

A子さんより年上の女性がいるにもかかわらず、彼女が延々と語り続ける。

この様子は、異様でした。 どこかの宗教団体の勧誘のような感じ。

他のお客さんも静かにしているので、皆さん全て聞いていたでしょう。

でも、何よりも私を限界にさせたのは、、、。

A子さん、自分の職業のことも話していたんですが、何と"アロマテラピー"などの

仕事をしているということでした! 何だってぇ!!!

自分は、人を癒す仕事をしているので、貴方(未成年の方)のような方を

見ていると放っておけないとか何とか、、、。

関係あるのか、、、。 それは、また別だと思うんだけど、、。

私は、その会話を言った後、隣に座っているのが限界になってしまった。

失礼だけど、こういう女性が、アロマセラピーを用いて癒しを提供するだなんて、恐い。

まだ人生を知り尽くした年齢でもない者が、こんな物の言い方をしている。

自分が全て正しいという言い方をする女性。

何かを信じているから、こんなにも強く言い切れるものでもあるかのような。

わからないものだ。本当に。。。 アロマセラピーを仕事にしている方にこういう方がいる。

理解できない。  お客様の前では、変わるのだろうか、、。 分からない。 

勿論、私も人様のことを批判できる人間ではありません、自覚しています。

でも、あまりにもという内容だったし、こういう方の指示を素直に受け入れようとしている

未成年の方が、気の毒だと思ってしまった。 人生、A子さんのような考えばかりじゃないよ。

心の中で反論するのが精一杯でしたけど。

食事の途中から、美味しい食事が無味なものになるくらいでした。

そして、完全に私の頭が噴火した出来事が、、、。

食後の珈琲を飲んでいた時のこと。 

一刻も、このお店から出て、気分をリセットしたいと二人で暗黙の了解になった頃、

A子さんの話す内容が、専門職では、当然経験するであろう、修業、見習いの話題に移り、

突然、修業や見習いについての話を知りたくなった彼女は、 こともあろうか、

お店の店長を席に呼んで、修業や見習いのシステムについて教えて欲しいと。

システム?って何?? 私達も呆気にとられたけど、店長も困惑気味。

相変わらず、大きな声で、システムについて知りたい、と連発。 

もう、限界の頂点でした。 KYな人間も、ここまでやってくれるとお見事なんでしょうか。

それ以上、居続けることは出来ませんでした。 

美味しい食事の味も食後も全く印象に残らず。

レジで会計をしていたら、、、、。 極めつけでした。

営業中の店長にぶしつけな質問をしておきながら、返答に困っている店長に

自分のお店で作成したのでしょうか、アロマのクラフト(作品、スプレーでした)を

紹介するありさま。 もう、見ていられませんでした。

私は、ただただこの女性とめぐり合わないでアロマを勉強できた事に感謝さえ感じました。

夫がお店を出てから、一言 「まるで江原さんにでもなったつもりか」とぽつり。

夫は、滅多に他人の批判を言う人でもないし、怒ることもないですけど、

この彼女には、呆れていました。 

また、散歩を再開したものの、ひとりイライラしてしまった。

もう、忘れようと夫からも言われたけど、せっかくの美味しいランチが台無しになった気分。

(`へ´)プンプン 独り言も暫く言い続けて何とか鎮静化。 

しかし、こうして忘れられず、書き出してしまっているけど。 これでもうスッキリ。

2ヶ所目は、歩きつかれて、予定外だったけど、ドトールで冷たい物を飲んでいた時でした。

こちらも予想外な内容でした(/Ω\)

明らかに10代後半の若い女性。

仲良くお話している女性二人で、いまどきちゃんのファッション&メイク。

色んな話をしているのは、よく聞くけど、

"こういう"内容を元気いっぱいに話すのも時代の流れ??でしょうか、、。

いや、違うと思うんだけどなあ。 30代のおばさんは思うのです。

"こういう"とは、、、。 

Hなお話です。 しかも、個人的な内容と、あまりにも卑猥な内容でした。

きっと、周りのお客さんも彼女達を見る目が変わったことでしょう。

おーい! お嬢さんたち、どうしてもお話したい場合は、自宅でお話しましょう。

周りに聞かれても問題ないのかな。 むしろ、聞いて欲しいのかな。

感覚が違うのだろうな。 夫も困った顔でしたよ。

会話は、まったく途切れることもないまま絶好調なお二人。


今日のように、お客さんの会話で、ストレスが溜まるような事は久しくなかった。

なので、2つのお店で出会った、ある意味衝撃的なお客さんの記憶が鮮明に残ってしまった。

一夜明けた今も。 

最近は、友人と外で食事する機会も無いですが、自分も気をつけたと思います。

つい盛り上がると声も大きくなり、周りの状態よりも自分たちの事で夢中になってしまいます。

それは、いつの時代(年齢関係なく)でも同じだと思うしね。

お店で話す場合は、やはり、自宅ではないわけで、それなりのマナーを守り過したいですね。

コミイッた話などは、あらかじめ個室や、もしくは自宅などに招いて気兼ねなく話したいな。

この時点で、自分の記憶から今回の出来事を抹消できる(かな) ふぅ===。

帰り道、綺麗な夕焼けに出会いました。

この時、一瞬、忘れることが出来たんだけどなあ(笑)
d0138212_1631221.jpg

[PR]
by yagi35 | 2008-05-18 15:11 | つぶやき


ひとりごとです。

d0138212_0153820.jpg
連休も終わり、いつもの暮らしのリズムが始まった今週。

今週は、親しい友人から電話をもらったり、

メールのやり取りもできたし楽しい時間が多かった。

今の私には、とっても嬉しい出来事でした。

人と人のつながりが、時には薬よりも勝ることがあるなぁって感じるくらい♪

体調面の回復より、メンタル面の回復の方が難しく時間もかかる。

そのメンタル面は、自分で乗り越えなくてはいけないから、試練になるんだけど、

少し強くなった心と、友人や両親からのエールを貰ったことで

心身ともに元気になっているのを実感中です。

正直、日中の時間は、ひとりだから、ふとした瞬間に思い出して落ち込むことはあるけど、

エンドレスに続くことはない。 これじゃあいけないって、すぐ思えるようになった。

治療中は、まったく運動をしないで体をひたすら大切にしていた。

だから、薬の影響と運動不足で体もかなりオデブ。

健康面でも、良いことないしね。 今週から、とりあえず自宅でストレッチなど開始。

こんなこともやろうと思える自分が嬉しい。 

パン作りにも気持ちを持っていけたのは、良いことだ。

来週以降に、今回の結果について原因や反省点を医師から告げられる予定がある。

そして、今後の事についても話すことになるでしょう。

今は、その日を待っているところです。 

どんな気持ちで待っているのかといえば、複雑ですけど、事実を知りたい冷静な気持ちかな。

また、今後について医師から何を語られるのか不安というか、予測不能というか。。

私も、その日までに夫婦で意見をまとめていくつもりでいます。

その日が、本当の意味の区切りなのかとも思ったりしている。

それまで、どんどん元気になって、さっぱりすっきりした顔で迎えたいな、なんて(願望)

また、明日から週末。 夫も居てくれるので、何も考えずぼんやり過そう。

新緑の季節到来ですもんね。 皆さんも素敵な週末をお過ごしください♪
[PR]
by yagi35 | 2008-05-09 23:14 | つぶやき

    

夫の転勤先「盛岡」で家族時間を大切に過ごしてます。since2005
by yagi35
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧