step by step


カテゴリ:手作り石鹸( 16 )



手作り石鹸を使って、、、半年経過。

d0138212_1042676.jpg
昨年夏から秋にかけて、手作り石鹸を作りました。

あれから、半年。。 

里帰りする前に、夫にも分かるように種類ごとに袋に詰めて、

使い切ったら、好きなものを選んで新たに使ってもらいたいなと。

まとめて保管していた箱から取り出してみました。

d0138212_10595541.jpg
我が家では、手洗い、洗顔、ボディと使っています。

自分で作ったわけだから、使うのは、当然なんだけど、

沢山作ったので、どれが一番無難なのかチェックしながら、

次回作の石鹸を絞り込もうと、経過を観察中であります!

【作品リスト】

ラベンダー精油、ローズマリー精油入り石鹸

ラベンダー蒸留水、蜂蜜メイン石鹸

◆黒砂糖、小豆粉末入り石鹸

⇒こちらは、主に"オリーブ油"をメインにしていましたので、

  硬さもあって、さっぱりした感じかな。 私のお気に入りです♪

  オリーブ油は、保湿感の高いものがつくれるし、型崩れしずらい。

  ラベンダーには、肌荒れ、皮脂分泌調整作用がある。

  ローズマリーには、肌荒れ、湿疹、など肌に関するケアに良い。

  黒砂糖は、泡立ちをよくする自然の材料!
 
  蜂蜜は、しっとりとさせてくれるほか、こちらも泡立ちを良くしてくれる。

カロチン石鹸

▲お茶石鹸

▲シアバター入り石鹸

▲ヤギのミルク粉末入り石鹸

⇒カロチン(赤)のパーム油をいれた石鹸は、

  ビタミンを補給してくれるから、

  肌荒れに良いとされ、キッチンなどで愛用中。

  お茶は、カテキン効果で、殺菌作用、引き締め作用あり。

  シアバターは、保湿効果あり、乾燥や肌荒れを守ってくれる。

  ヤギのミルクは、脂肪分を含んでいるので、乾燥肌によい。

カモミールハーブ浸出油(スイートアーモンド)石鹸

⇒カモミール・ローマンには、肌荒れなど肌に関するケア、頭皮にも。

  スイートアーモンド油は、マイルドでしっとり保湿効果。

ごま油、クレイ入りさっぱり石鹸

⇒太白ごま油(白)は、さっぽりとした感じ。

 クレイ(緑)洗浄力強い。

ベビーソープ

⇒アボガド油で、しっとりやさしい保湿効果のある石鹸。

 赤ちゃんに刺激の少ない植物油で、作ってみました。

続きは、こちらから・・・。
[PR]
by yagi35 | 2009-05-28 11:17 | 手作り石鹸


手作り石鹸アンケート。

d0138212_11252160.jpg
昨年、石鹸の手作りをしましたが、

その際に、数人の皆さんへモニターをお願いしておりました。

一方的なお願いで恐縮でしたが、皆さん快く受け取ってくれて、ありがとうございます。

あれから、数ヶ月。

まだ、全ての種類を使う機会は、無いと思いますが、

その中の一部でも使ったという方がいましたら、

良かったら、同封のはがきに簡単な感想を書いて送ってくださいませ。

宜しくお願いします。

先週、友人よりアンケートはがき第一号を受け取りました。

小豆入りの石鹸が特に良かったとのこと! 

ありがとう。 子供さんにも使ってもらえた見たいで嬉しいです。

まだまだ初心者ですので、立派なものは作れませんが、

今後も参考レシピや、自分で作りやすい、使用頻度の高い種類を限定して

オリジナルの石鹸を1,2種類を作りたいです。

それが、私の最終目標かな。
[PR]
by yagi35 | 2009-04-10 20:17 | 手作り石鹸


手作りベビーソープ

d0138212_10542048.jpg
材料の一つである"アボガドオイル”の購入を待って、やっと作りました。

アボガドオイルは、スイートアーモンドに並んで、

赤ちゃんの肌に良いとされているそうですよ。

優れた皮膚柔軟性を持っていて、表皮への透過性が高い。

保湿性もあるし。

今回は、スイートアーモンドオイルと混ぜて、作りました♪

香りは、いっさい無しです。 純粋に植物油での自然な香り。

無臭に近いです。

続きは、こちらから・・・。
[PR]
by yagi35 | 2009-03-24 20:42 | 手作り石鹸


手作り石鹸の必需品!

d0138212_13165525.jpg
昨年、初めて手作り石鹸を作りました。

そして、ずうずうしくも知人などに作品のモニターをお願いしたりして"^_^"

現在も、我が家では、手洗い、洗顔に何種類もの石鹸を受け皿において、

日々、使っております。 自分で作ったものなので、責任もあるしね(笑)

これからは、わが子にも使えるんだ~♪と思うと、また楽しみが増えました。

自分で作っているわけなので、安心ですしね。

さて、晩秋に第一期分として作った石鹸が完成してから、

最後の治療期間に入って、そして、今のような状況になっていますので、

石鹸つくりは、当然ながら休止状態。

もちろん、第一期分に作った石鹸がまだ残っていますしね。

もう少しでなくなるかも~とおもうようなタイミングを確認しつつ、

そして、石鹸が完成するまでには、乾燥させて熟成に時間が約3ヶ月はほしい。

だから、逆算すると、今年は、ちょうど夏前かな。

でも、ちょうど出産予定にあたる。 

今年は、もしかすると作業は、できないかもな。

まあ、でも、一度作ったあの感動は、忘れることは無いので、気長に♪

それまでの間、石鹸の型として大活躍する牛乳などの紙パック!!

これは、ぜひ、準備しておきたい。

ここ数年、牛乳よりも豆乳を飲んでいた我が家でしたが、

妊娠をきっかけに、半々から今は、牛乳になってきてきました。

なので、たまる、たまる!!置き場に困り始めています(ーー;)

夫は、こういう状況を非常に嫌うのだ(片付け下手が私なので)

作業するのが、しばらく先になので、ほどほどの数で我慢しておこう。

うーん、でも数があると、安心◎ 使いやすい石鹸を極めたいわ。

今度からは、赤ちゃん、子供にも抵抗の少ない材料で作っていこう。

自己満足の世界ですけど、手作りの石鹸で洗ってあげるなんて幸せ。
[PR]
by yagi35 | 2009-02-05 13:18 | 手作り石鹸


只今、発送中ですε=ε= (ノ ̄▽ ̄)ノ

d0138212_229443.jpg
今回、初めて作った石鹸の記念にと、

私の勝手な願いを込めて、お願いできる限られた友人の皆さんへ

少しばかりですが、石鹸を送らせて頂きました。

もらっても、使い道がないという場合には、遠慮なくは破棄してね。

勿論、肌や生理的に合わないものも当然ながら、即、破棄。

そこは、親しき仲といえども、気兼ねなく、適切な判断を。

また、今回送れなかった友人の方で、使ってみたいと思ってくれた方は、

是非、ご一報を!

喜んで、送らせてもらいますので♪

いきなり送ったら驚くと思ったので、控えている方もいますので。

今後、できれば、種類を限定して、改良しながら、商品化してみたいなと。

自分の活動する範囲内に、手作り石鹸も展開していきたいなって。

既に、教室などを開いている方もいますので、

私は、あくまでもアロマセラピーの勉強の一環として考えています。

石鹸に使う、材料として、植物油があります。

それは、アロマのエッセンシャルオイル(精油)と混ぜて、トリートメントしたり、

手作りコスメの材料にもなります。

それぞれのもつ優れた効果を活かした石鹸を作る。 大切です。

例えば、、、。

『スイートアーモンド油』

保湿効果に優れた成分を豊富に含んでいます。

『マカダミアナッツオイル』

老化や湿疹などで傷んだ肌の修復に効果的な、パルミトレイン酸を豊富に含んでいます。

『ホホバ油』

さらりとした軽い触感で、皮膚呼吸を妨げない保湿ベールを作ってくれる。

『アボガドオイル』

ビタミンAやEその他、保湿効果の高い栄養分を豊富に含んでいます。 

とてもマイルドな洗いあがりの石鹸になるため、ベビーソープによく使われます。

『レッドパーム油』

赤色で、にんじんのような匂いがするオイルです。

カロチンを多く含む為、傷の修復に効果的です。 あざやかなオレンジ色の石鹸に。

などなど、色々です。

ローズヒップなども美容に良いですが、非常に酸化しやすく、高価なので、

オプションとして、少し加える使い方をしてます(ホホバ油も)

その他、ごま油や、つばき油も使えるんですよ。

性質や成分なども知っていると、どんな石鹸になるか、目的別の石鹸も作れる。

そうすると、無駄な買い物もしないて、適切な材料で、沢山作っておける。

安心の材料を使うので、お肌に良い。

牛乳パックなどに流し込んで、一度に多数作れるので、1年間ずっと使えるしね。

ということで、、、。(´△`) 

皆さんには、まず、率直な使い心地を体験してもらいたいなと。

何せ、まだ初めての作り手(ソーバー)なもので、

満足のいく出来じゃないので、その辺だけご了承くださいませ。

泡立ちも少ないと驚かれるかとおもいますが、

泡立ちを良くする薬なども入れていないので、自然の泡ということで。

ちょっと、ずうずうしいのですが、アンケートと題して、

皆さんからの感想を頂戴したく、同封させてもらいました。

もしも、よかったら、期限も受けないので、投函してくださいませ。

私にとって、貴重な意見です。 商品開発部も担当しておりまので(^_^;)

普通郵便にて、発送させてもらいましたので、暫くお待ちくださいね。
[PR]
by yagi35 | 2008-11-14 23:30 | 手作り石鹸


初めての手作り石けん完成!

d0138212_18292474.jpg
一番最初に作ったのが、8月。あれから、3ヶ月。

2ヶ月経過したものから、ほぼ熟成したと見て、完成としました。

石鹸の詳しい話は、以前の石鹸がテーマのブログから見てもらうと嬉しいな。

ブログの項目別から、「手作り石鹸」より、リンクしてみてね。

いやあ、なんとか出来ましたよ!┌|゚ο゚|┘ヨッ!
d0138212_18302069.jpg
PH紙で、アルカリ、酸性を確認。 使用上問題なしの値。

オリーブ石鹸やマルセイユ石鹸など、8~10以下内であればOKかな。

私の石鹸は、8~9位のカラーで、初めてにしては上出来かな(*^^)
d0138212_18173361.jpg
でも、成功ばかりじゃない。

この写真に写っている、ココアを入れた石鹸は、

加えた茶色のココアの部分が、使いづらい。

肌の保湿作用があるんだけどね。 もっと、上手にマーブルにしないと。

茶色が、ちょっとタオルについてしまう。 残念だけど、失敗かな。

混ぜ方が悪かったね。 もっと石鹸生地にうまく混ぜていないとな。

自宅で、手洗い専用にしようかなって。

あと、香りって言うのは、ないね。 しっかり香りつけたいなら、香料だね。

今回、本当に全て純粋な材料で作ったので、香りは、二の次です。

泡立つか、手や顔に使用した感じはどうか、また荒れたりしないか。

しっかりと使って検証してから、プレゼントしたいと。

本当に素朴な石鹸になってます。

でもね、なんだか愛しいです。

ひとつひとつ、キッチンペーパーに包みなら思いましたね。

不器用な自分が、盛岡へ来てから、色々な事に挑戦している。

そして、今回、憧れの石鹸作りに挑戦をした。

そして、なんとかカタチになった。 感無量です(T-T)
d0138212_18263991.jpg
初めての石鹸の感想を聞きたいと思っています。

将来、できたら、、。

このような石鹸も自分で提供してみたいなって思っているので、

まずは、身近なモニターとして、友人からの意見を聞きたい。

でも、いきなり通常サイズを送っても、使い切れないと思うので、小さくカット。

ひとつ、ひとつに思いを込めて梱包しました♡ 
d0138212_18285080.jpg

まずは、以前から、告知していた友人には、後ほど送らせてもらいたいなと。

そして、ずうずうしく、感想も教えてもらえたらなと。 

初回作品なので、まだまだ理想の石鹸には程遠いのですが、

ちょっと使ってみましたが、手洗いにも洗顔にも問題なしです。

余計なものが入っていないので、

敏感肌やお子さんでも大丈夫じゃないかと。

まずは、手洗いから使ってみて欲しいな♪

まあ、申し訳ないのが、いい香りはしないです(^_^;)

でも、これも自然のものだとおもって思えば。

住所など連絡先を知らない方もいるので、もしも、使ってみようかなと

思った方がいたら、連絡くださいな。

みんなからの、自由な意見、感想が私にとって最高の財産ですから。

作った石鹸の種類は、以下の通りです。

*ラベンダーとローズマリー(精油)石鹸

*ラベンダーハーブ水と蜂蜜石鹸

*レッドパーム油(カロチン豊富で、オレンジ色)

*お茶石鹸(シアバター入り)

*カモミールハーブの浸出油入り石鹸

*シアバター&マカダミアナッツ石鹸

*やぎのミルク入り石鹸

*黒糖と小豆の石鹸

これらのメインとなる植物油には、

ココナッツオイル、パーム油、オリーブオイルです。

それぞれの材料には、お肌に良いとされる作用をもっているものです。

また、後ほど、ゆっくり語ってみたいと思います。
[PR]
by yagi35 | 2008-11-10 15:12 | 手作り石鹸


ふんわり桃色石けん

d0138212_12413515.jpg
先週末に作った石けんです。

スパイスで有名な"パプリカ"をピンク色にするため染め色として使いました。

勿論、普段の食卓で使っている食用だから、安心であるということ。

今回は、小幡有樹子さんのレシピを参考に作りました。

牛乳パック500ml.を2箱使いまして、かなり小さめなサイズにカットして、乾燥してます。

油は、オリーブオイル、ココナッツオイル、パームオイル。(オリーブ油がメイン)

そこに、香り付けとして、アロマセラピーで使用中の精油"ローズゼラニウム"と"イランイラン"

どちらの香りも女性的な香りであります。

肌の調子を整えてくれる作用もあるし、

精油そのものには、女性ホルモンの調子を整える作用も。

ただ、石けんの中に混ぜたので、香りは、精油の通りにはいきません。

でも、材料の中にしっかりと1%濃度分の精油を配合しましたので、

使い始めてから、何かしら香りが漂ってくるのではないかなと。

パプリカは、スパイスですから、あまり多めに入れると、肌荒れになってしまうかも。

今日は、初めてスパイスを利用したこともあったので、少なめです。小さじ1弱。
d0138212_1246521.jpg
なんとか、年内ギリギリに使えるような感じかな。

(最低2ヶ月間は、乾燥させておきたいからね)
[PR]
by yagi35 | 2008-09-30 12:56 | 手作り石鹸


たっくさん、作ってました○o。.○o。.

8月から、つい先日まで、コツコツ手作り石けんの練習をしてました。

完成と言えるのは、乾燥期間(3ヶ月ほど)を経過した後の予定なので、まだ全て途中段階。

年内中には、完成して使ってみたいと思っていたので、9月までがタイムリミット。

本などを見ると、材料となる油によっては、1ヶ月くらいの乾燥時期で使えるみたいだけど、

しっかり寝かせて、PH値が安定して使いたい。少しでも安心で、且つ使い心地良く。

いざ、使う時に1つ1つの石けんを紹介するとして、ざっと記念写真を載せました!

使ってみるまではなんともいえないけど、見た目も状態も初心者らしい味わい深さ(^_^;)

お世話になっている家族、友人へオスソワケするのが夢なんだけどなぁ。

ちゃんと安全に使えるものになっておくれよ~~m(。_。)m オネガイ!

d0138212_0415153.jpg
(左)カレンディユラハーブ入り石けん & (右)緑茶浸出油石けん

d0138212_0444514.jpg
(手前)あずき+黒砂糖入り石けん & (中央)  ヤギのミルク+シアバター入り石けん (奥)アボガド油入り石けん

d0138212_0485979.jpg
グリーンクレイ入り太白白ゴマ油石けん
[PR]
by yagi35 | 2008-09-25 00:52 | 手作り石鹸


洗濯石けん (ミヨシ マルセイユ)

d0138212_1142026.jpg
ミヨシから販売されている『ミヨシ マルセルせっけん

夫のYシャツ。 夏は、汗も汚れも普段よりもUPですよね。

普通に洗濯しても、なんだかすっきりとした白さではない。

洗濯石けんを久しぶりに買いました。

まだ、手作り石けん使えないので、今シーズンは、ミヨシさんにお世話になります!

温湯と一緒に使うことで、汚れも落ちる。 首元の汚れなどもすっきり。

嬉しくなります(*'∇')ウフフフフ

汚れを分解するスプレーとか、洗剤もあるけれど、やっぱり昔からの定番が一番。
d0138212_11451794.jpg
お盆が過ぎて、また天気が不安定になってしまった。

せっかく洗濯しても、室内に外に干せないのは、不完全燃焼だわ。
[PR]
by yagi35 | 2008-08-20 11:47 | 手作り石鹸


サンシャインバー (レッドパーム油使用)

d0138212_23484321.jpg
アロマテラピーを学びはじめ、エッセンシャルと同じく植物オイルについても学みました。

食卓用としてのオイル、オリーブをはじめ、トリートメント用としての認知度の高さから、

スイートアーモンド油、マカダミアナッツ油などのナッツ類から、

美容オイルとしての価値から、ローズヒップオイルや、

月見草オイル、アボガド油、グレープシード油などなど。

オイルではないけど、ホホバなどもお肌全般にとても良いものなど。

本当に沢山あるんですよね。 

世界中には、いったい何種類の油があるんだろうか、、、。

トリートメントには、それぞれの油の特徴に合わせてたり、

クライアントの症状jに合わせて使い分けるのもいいよね。

粘度も違うので、セラピスト側としては、あまり粘度性が強いと滑りが悪かったり。

植物についても、たくさんの学ぶべきことがあります。

今は、手作り石けんの材料として活躍の場を広げています♪

トリートメントとは違って、種類もまたバラエティ。

私の石鹸のベースとなる油としては、

"泡立ちをよくする油"として、『ココナッツ(やし)油』

"解け崩れの少ない硬い石鹸にする油"として『パーム油』

初心者なので、冒険せずに、まずは基本の2種類は必ず入れてます。

そして、プラスalphaの油を目的別に加えて作っています。

といっても、まだまだ本のレシピどおりです。

油によって、凝固する温度やら、性質が異なるので、勝手にブレンドできません。

色々と知識を知った上で、オリジナル石鹸の配合をすることができる。

私は、今のところ、作ってみたい石鹸レシピの情報を入手して作る段階。

それだって、同じように作れないのですから(笑)
d0138212_23515328.jpg
今回のオレンジ色に綺麗に染まった石鹸は、パーム油の元の色が赤いものを使用。

その名も"レッドパーム油" 石鹸を作る人なら、必ず一度は、作ったことがあるはず。

私も、同じく作ってみることにしました。

油の色は、綺麗な紅色といったらいいでしょうか。
d0138212_23525234.jpg
苛性ソーダと混ぜ合わせていくと、綺麗なオレンジ色、まるでにんじんです。
d0138212_23534265.jpg
単に色を出すために使うのではなく、素晴らしく栄養価があるのです!

この色は、"カロチン"と"ビタミンE"が含まれているそうです。

通常は、色のないホワイトパーム油を使うのですが、こちらを使うことで、

皮膚に対しての効用がUP!

傷や荒れ肌の修復を助けるそうです。 

色もさることながら、香りもいいよ。 

天然のカロチンの香り♪ 油っぽくない。 うまく表現できずごめんなさい。

こちらは、ご存知前田京子さんの本のレシピを参考に作りました。

材料の油に、香りつけと、精油の効用もプラスする意味で、オレンジとレモン。

柑橘系の爽やかな香りと綺麗なオレンジ色。 まさに、"サンシャイン"

保湿作用として、蜂蜜も忘れずに!

ただ、最後にきて大失敗してしまったのが、 石鹸のケース。

キッチンでもおなじみのタッパーに入れてしまったことでした。

一見、問題ないように思っていたんだけど、

石鹸をカットして、本格的に乾燥させるべく容器から取り出そうと思ったのですが、、。

うまく取り出せないのだった。 初心者は、まず牛乳パックという意味が分かった。

つい再利用できる容器で、試みたものの、まだ半乾きの状態を取り外すのは難しい。

かといって、いつまでもこのままでもいけないし。

牛乳パックなら、表面にコーティングされている塗料?のおかげと、

破り捨てても問題のない容器なので、自由に取り出せる。

コツがあるんでしょうけどね。 まだ、私が使うには早すぎました(^_^;)

おかげで、試行錯誤で取り出したので、綺麗にカットできなくなってしまった。

底にこびりついてしまったり、容器が少し斜めに傾いたまま保温していたので、

高さも不ぞろいだったり。 まさに、手作り感たっぷりの石鹸になりました♪

不ぞろい部分を削ったりして、その残りものを丸めてボール状に♪ まるでミカン。
d0138212_2350043.jpg
ご愛嬌です。 でも、石鹸そのものは、なかなか良い感じです。

また、2~3ヶ月間の乾燥時期を経て、使えるようになります。

お肌に良いので、台所にも一つ。 そして、洗顔用にも使ってみたい。

冬場の、手荒れの時期に間に合いそうです。

(サンシャインバー) 前田京子さんレシピ

レッドパーム油 240g

オリーブオイル 240g

ココナッツ油   120g

精製水  233g

苛性ソーダ  81g

はみちつ  小さじ2弱

精油  オレンジ レモン 適量
d0138212_23505682.jpg

[PR]
by yagi35 | 2008-08-19 23:55 | 手作り石鹸

    

夫の転勤先「盛岡」で家族時間を大切に過ごしてます。since2005
by yagi35
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧