step by step


不況。

かつて私が就職をした時期も、バブル崩壊といわれて、就職が厳しい時代でした。

でも、今の、昨年末から、これほどの被害を受けた時代は、ここ20年あっただろうか?

私は、専門家でもなんでもないので、素人の目で見ているだけですけど、

いかに日本は、外国、アメリカとの関係が深いのか、、、。

正しい表現じゃないけど、でも、自国だけの問題で不況になったのではないよね。

改めて、恐怖を感じました。

そして、今の日本政府のどうしようもない状況。

まったく安心できる将来は、望めない。

そんな時代に、子供を授かった私。 この家族の運命は、いかに、、。

夫だって、明日はわが身。

職を失うということ。 

本当に恐怖のなにものでもない。

病気などしてしまったら、もう、終わりです。

今、こうして身ごもっている自分でさえ、将来を悲観してしまう瞬間がある。

正直なところです。

幸せなことが待っている、けれど、それだけではない。

私は、ネガティブに考えてしまうことが多いけれど、でも、この現状ではね。

今は、本当に我慢の時。

なんとか頑張っている夫に、そして、仕事を続けていられる現状に感謝して、

健康で過ごしてもらえるように、心が温かくなれるような家庭を作ること。

これから数年、どんな未来が待っているのか予測不可能ですが、

1日、1日、大切に過ごしていくこと。

目の前のことだけじゃなく、遠い未来のことも見据えた計画を。

夫にとっても正念場。 私にとっても大きな区切りの年。

こういうときだからこそ、さらに絆を深めて乗り切っていきたい。

昨晩、かつて私の初めての就職先であった電機メーカーが

大幅な赤字を出し、リストラを発表したとのニュースを見て、

少なからず衝撃を覚えました。

まだ、私の同期も働いていますし、お世話になった上司もいるはず。

今は、連絡をとることも少なくなってしまいましたが、

社会人として、人生これまで、そして、今後も、あのような大手の企業での

勤務経験は、その5年間だけでしょう。 だからこそ、とても貴重でした。

営業のアシスタントをしていた私は、常に何億という単位のお金が

見積もりに乗っている、大手の企業の名前が連なっている、そんな光景は、

本当に驚くことばかりでした。 

大きな組織の一員として働いた時期は、優遇されたこともあれば、

制限されることもありましたが、全国にいる担当者や、技術者、お客様と

話したり、仕事をすることができたのは、社会人最初の時期としては、最高でした。

大きな組織という中で働いた経験があったからこそ、

それ以降での職場でも、活躍できるチャンスがあったんだと思います。

私にとっては、こういう思い出になってしまいましたが、

今も現役で働いている同期や、職員の皆さんを思うと、複雑です。

この大不況を乗り切って、頑張っている姿を想像しながら、見守りたいと思います。

そして、その後転職をした会社でも、色々と大変な状況が続いているようです。

私が入社した時に、配属先の支店が、新しいビルへ移転するとのこと。

初めて転職をした会社にも思い出があります。

その会社があったビルにも愛着がありましたからね、少し寂しい気持ちです。

私が知っている職員の方もすっかり少なくなりました。

30歳後半になってくると、人生を少し振り返ることができるのね(笑)

いつまでもこのままの日本じゃないことを信じて。
[PR]
by yagi35 | 2009-01-31 11:57 | つぶやき

<< 遠くから見守っていてくれる。      雪の風が舞う。。 >>

夫の転勤先「盛岡」で家族時間を大切に過ごしてます。since2005
by yagi35
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧