step by step


SATC

d0138212_2317374.jpg
サイトより拝借。 公式サイト http://www.paramount.jp/satc/index.php

さあて、(´▽`) ホッ 

今年、映画版が発表されて、一時期、テレビやマスコミ、雑誌など賑わってましたね。

映画を見た方も多いかと思います。

私は、観ませんでした。 DVD化されてからでいいかな。

まず、この4人女性の生き方に憧れて、真似マネをしている女性が取材されてました。

本当に、それでいいのか? 率直に疑問に思いました。

中には、今の仕事を辞め、生活も捨てて、英会話を学び始めて、

将来は、NYで生活をするといって、日々、SATCを見ては、夢見ている方も。

SATCの話をここで、あえて説明はしません。

ご存知の方や、興味のある方は、サイトで確認してね。

正直、今の若い女性の皆さんは、この主人公のように、何でもOPENなのかもしれないね。

勿論、限度はあるけれど。

どうなんだろうね、私の人生において、恋愛の生々しい話題を触れ合ってきた友人いるか?

全くいないわけではない。けど、かなり限られている。

当たり前だと思うんだけどね。

その部分を話さないからといって、親しい仲じゃないとも思っていないし、

時には、話題を限定して付き合うことだって必要じゃないかなって思う。

だから、私のREALな恋愛話を知っている人は、この世で、多分2人くらいかな(^_^;)

少ない?多い? わからなけどね。

でも、実際話したことで、悩みが解決したこともあったし、互いに助け合えたしね。

状況によっては、あからさまに言える友人がいることは、ありがたいことだわ。

このSATCを初めてみたときは、思い切り、圧倒されたけど、何故か楽しく笑えたりして。

それぞれの個性、そして、恋愛に対する考え、様々だけど、共感できる部分もあるんだ。

どう? 

極端すぎる部分もあるけど、でも、そのベースとなったきっかけとか、思いは、分かるんだ。

独身時代に見ていたら、また違った影響を少なからず受けていたかもしれないけどね。

この感覚は、現在社会の中で、立派に独立してキャリアを持って働いている女性ならでは。

私は、まだシーズン1、2まで。

この先、まだまだあるもんね。

キャリーを中心として、ミランダ、シャーロット、サマンサ。

自分は、どのタイプ?

なんて、とてもとても、当てはめることなんて出来ません(^_^;)

まあ、さすがにサマンサ様のようには、考えが付いていけませんけど。

友人に、サマンサ級の女性がいたら、毎回、驚かされてばかりでしょうね(笑)

私は、美味しいところで、キャリーとシャーロットの良いところ取りが理想かな。

でも、実際のところ、私、クールに見える部分もあるみたいで、ミランダ系なのかな。

20代前半は、SUKIがあるぞ!と男性先輩から、お叱りをうけて、

そして、後半は、だんだんクールになってきたみたい。

30歳は、既に結婚していた事もあるけど、完全に女性オーラ閉じ込めてしまった。

それも、いかんのですよね。 女性は、永遠に美を追求するべし!

現在、SATC並みの友人は、多分、いないと思う( ̄  ̄) (_ _)

ね、どうかな? 実は、ひそかに"サマンサ"がいたりして(/'(o)'\) !

でも、いつまでも美しくありつづけよとする意識は、とても刺激を受けます。

私にとってのSATCは、非現実的でありながら、でも、刺激を受けるスパイスみたいな。

これは、夫の前では見てません。

多分、これからもひとりでみます。なぜだろう、この感覚は(*´ェ`)??

ちなみに、この秋から始まったTBSドラマ『SCANDAL』は、全くの別モノだったね。

SATCの日本バージョンでも、やってくれるのかあと期待していたけどね( ´ω`X

TBSドラマ「SCANDAL」  http://www.tbs.co.jp/scandal2008/  
[PR]
by yagi35 | 2008-11-15 23:46 | 気になるgoods・news

<< 休日の朝。      秋晴れの日に。 >>

夫の転勤先「盛岡」で家族時間を大切に過ごしてます。since2005
by yagi35
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧