step by step


これからの『保険』を選ぶ。

d0138212_20234144.jpg


去年、手術・入院を経験して、更には、不妊治療も行ってみて思った。

とにかく、医療費がかかること。

健康であった人間が突然、病に倒れるということ、怪我を負うことによって、

心身的に辛いけど、現実的には、やはり医療費の負担が重くのしかかる。

医療費は、何もお年寄りになってから大量に発生するとは限らないのだ。

改めて、実感した昨年。

正直、盛岡へ来る前まで、ほぼ健康体だった私も、保険に重点をおいて

暮らしてきたことはなかった。 結婚して、子どもを産んだら子どもと入ろうって。

すごく、軽く考えていたのでした。 親子でセットで入ろうなんて思ってました。

夫も今のところ、手術やら、通院までの重症はないけど、多忙な日々なので、

いつどうなるかと思うと心配。 その夫に見合った保険に入っているのか???

すごく反省してます。 今、夫が倒れたら、、、。

もっと、もっと、ちゃんと考えなくてはいけない。

現在、最終的な治療段階に入っている私ですが、同じ治療をした経験者の方が

自身のブログなどで書いていた文面に目が留まりました。

直接、不妊治療に対応した保険は無いけど、治療の中で、色々と他の症状も出てくることも考えて、

いざというために、"入院保障"が優れている保険には入っておくべきであると。

また、他の情報では、最近良く見かける"ボーナス"付きの商品について書いてあった。

保険の目的は、万が一のアクシデントにきちんと対応できるようにするために必要なものであるから、

貯金のように、お金を溜めていくという目的を一番におくのはいかがなものかということだった。

お金に余裕がある人や、貯蓄型でも満足いくないようであるなら、あとは個人の判断だけど、

自分の今の現状に見合っていて、継続できる(支払)ものであるかも大事であると。

そうなんだよなあって。

ちょっとだけ、ボーナスに目がいってしまったけど、それだけ掛け金もかかるのだ。

今の自分に必要なものは、満足できる保障内容であり、支払可能である金額であること。

この2つを満たしてくれるものは、なかなか難しいけど、じっくり探す時間があるので焦らずに。

婦人系が弱いこともわかったし、女性に優しい内容の保険は特に注目していみたい。

夫の場合にも、入院・手術などの保障が充実したものを探してみたい。

沢山ありすぎて、どれを選んでいいか分からないけど、今、時間のあるうちにじっくり検討したい。

健康であるうちに、しっかり基盤を作っておかないとね。 

これからの世代、まず第一に心がけることは、やはり健康ですからね。

最終的に、新たな保険を決定するまで暫く資料とにらめっこかな。

今日も保険を調べているとあっという間に時間が過ぎてしまいました。
[PR]
by yagi35 | 2008-04-01 16:13 | 気になるgoods・news

<< 4月ですね。      香りの楽しみ方色々。 >>

夫の転勤先「盛岡」で家族時間を大切に過ごしてます。since2005
by yagi35
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧