step by step


DHAとEPA

d0138212_13314154.jpg


お魚関係のサプリメントでよく耳にするものが2つあるんだ。

それは、『DHA』 ・ 『EPA』

それぞれの正式な名称名とか作用をちゃんと知っているかというとイマイチ・・(苦笑)

DHA』 ドコサヘキサエン酸

EPA』 エイコサぺンタエン酸

そして、肝心の作用は?

両方共通に言えることは、”生活習慣病”予防することだね。

自分たちの食生活を見ても、やはり「魚」中心とはいえないのが現実。

かといって、サプリメントだけで補えるとも思っていない。 けど、なかなか。

そんなわけで、我が家では、常備サプリとして、DHA or EPA を飲んでいる。

けど、継続してこそ助けになるのかと思うのに、ついどちらでも同じかなとおもって。

違うんです。 反省です。 高いメーカーのサプリメントは、継続性が怪しいので、DHCメイン。

時折、大塚製薬のネイチャーMadeでした。 今年は、統一する。

互いの特徴が、最も大事な部分だけど、色々な情報を見てみて、分かりやすいと思ったものを引用させてもらうと、、、。


EPAとDHAは分子構造がよく似ていて

いずれも血中の中性脂肪やコレステロールを低下させる働きを持っています。

ただし中性脂肪に対してはEPAのほうが、コレステロールにはDHAのほうが効果が高いとされています。

両者の最も大きな違いは、DHAは脳の構成成分で、脳が必要とする限られた栄養分の一つであるのに対し、

EPAは脳の入り口の血液脳関門を通過できないことにあります。

DHAは細胞膜の流動性を高め、神経細胞を活性化することで、情報の伝達をスムーズにすると言われており、

特に記憶力を向上させる栄養素として知られるようになりました。DHAは母乳にも含まれますが、

魚をよく食べる日本人女性の母乳は、欧米女性よりもDHAが高濃度に含まれていることが報告されています。

このほかにもDHAの効果として、老人性認知症の症状改善、高血糖の改善、視力の向上、

アトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギー疾患の症状軽減などが挙げられます。最近では、

攻撃性を抑える、神経を安定させる、集中力を高めるといった作用にも注目が集まっています。

さらにEPAやDHAは、大腸ガンや乳ガンの発症を抑えることも報告されています。

ガンが日本人の死亡原因のトップになった1980年代は、日本人の食生活の欧米化が進み、

魚離れが顕著になった時期と符号しています。

EPAやDHAが多く含まれているのは、マグロ、ブリ、イワシ、サバ、サンマなど、いわゆる青背の魚です。

EPAやDHAは比較的熱に安定している成分なので、焼いたり煮たりして加熱しても、

成分が変化することはほとんどありませんが、煮たり焼いたりすると魚から油がしみだし、

約2割くらい損失することになります。調理の工夫で流れ出た油も一緒に食べるようにすることも必要です。

問題は揚げた場合です。約半分くらいまで魚の油が流れ出て、揚げ油と入れ替わるといわれています。

なお、この多価不飽和脂肪酸は光に弱いので、干物のようにすると酸化が進み、

EPAやDHAをとることはほとんど期待できません


できることなら、新鮮な魚を刺身や酢漬けなどで食べるのが良いのです。


(・_・D フムフム そうなんですよね~ 今年こそは! ”魚"をできる限り食卓へ。

昨年は、お刺身や、焼き魚はあるんだが、 煮魚がなかったな。 魚を使った料理も無い。

綺麗におろすことも練習しないとな。 この年で未だにおろせない私(^_^;)

刺身を柵で購入してもせいぜい、カルパッチョ用に切るくらいだったしなあ。

ところで、最後にサプリメントの話に戻るけど、両方服用するのがベストなんだろうけど、

予算的なことも考えたら、私個人的には『DHA』にしてみようかな。 

日々の食事の”サプリ(補う)”ものとして、しばらく常備は続くかな・・・
[PR]
by yagi35 | 2008-01-12 13:24 | 気になるgoods・news

<< ピラミッド型ティーバッグ・・・...      初・Guinnessビール >>

夫の転勤先「盛岡」で家族時間を大切に過ごしてます。since2005
by yagi35
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧